ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

=タンザニア北部&南部のサファリを満喫=
タンザニア周遊紀行<3大ハイライト>9日間
(セレンゲティ・ンゴロンゴロ・セルー) カタール航空利用
TANZANIA034-QR


Previous
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • ユネスコ世界遺産指定されている「セルー動物保護区」の風景
  • セレンゲティの風景/草を食むマサイキリン
  • セレンゲティの風景/シマウマ
  • セレンゲティの風景/雄ライオン
  • セレンゲティの風景/ハンティング後の雌ライオン
  • セレンゲティの風景/アフリカゾウ
  • セレンゲティの風景/アフリカゾウの群れ
  • セレンゲティの風景/レインボーアガマトカゲ
  • セレンゲティの風景/1月頃セレンゲティより南下中のマイグレーション
  • セレンゲティの風景/1月頃セレンゲティより南下中のマイグレーション
  • セレンゲティの風景/1月頃セレンゲティより南下中のマイグレーション
  • セレンゲティの風景
  • セレンゲティの風景
  • ンゴロンゴロの風景/クレーターを望む
  • ンゴロンゴロの風景/クレーターサファリ
  • ンゴロンゴロの風景/マガディ湖のフラミンゴの群れ
  • ンゴロンゴロの風景/カバの親子
  • ンゴロンゴロの風景/カンムリヅルの群れ
Next


ツアーポイント

  • タンザニア北部の2大国立公園(自然保護区)の「セレンゲティ国立公園」「ンゴロンゴロ自然保護区」と、南部のアフリカ大陸最大の動物保護区「セルー動物保護区」を9日間で
    周遊するコースです。
  • タンザニア南部の公園は、タンザニア北部の公園(セレンゲティなど)とは異なる様相を呈し、大河や森林などの多様な自然の景色をお楽しみいただけます。また、アフリカゾウやライオン、マサイキリンや、絶滅危惧種であるリカオンの「群れ」を観察するチャンスがあります。
  • タンザニアにはユネスコ世界遺産に登録された異なる景観の2つの公園(保護区)があります。1つ目はマサイの言葉で「果てしない草原」を意味する「セレンゲティ国立公園」。14,763km2と関東平野より広い面積は、隣接するケニアのマサイマラ国立保護区の約8倍です。火山灰が固まった大地にはひと雨ごとに若草の美しい大地が広がり、多くの草食動物が集まります。大型動物は約300万頭以上も生息するといわれ、また地平線が360度広がるセレンゲティの風景は、まさに私達がイメージするサバンナの景観そのものです。
    2つ目は、高低差が600mもある巨大なすり鉢状のクレーター内部に誕生した「ンゴロンゴロ自然保護区」です。当初はンゴロンゴロもセレンゲティの一部(国立公園)でしたが、1967年に野生動物とマサイ族が共生できるようにンゴロンゴロを分離して「自然保護区」となりました。キリンとワニを除く大型の野生動物がなんと25,000頭も生息しており、年間を通してンゴロンゴロ・クレーターに湧く豊富な水は、多くの動物たちの大切な水場となっています。
  • ユネスコ世界遺産に指定されているセルー動物保護区」は、約50,000kuと九州の約1.4倍という広大な面積を誇る、アフリカ大陸最大の動物保護区です。アフリカゾウとバッファローは世界最大の生息数を誇り、また 珍しいクロサイやリカオンに遭遇するチャンスがあります。ワニやカバが棲息するルフィジ・リバーをボートで下れば(ボート・サファリ)、アフリカ特有の色彩の美しい野鳥や、ボラサス椰子とルフィジ川が広がる荘厳な景色がお楽しみいただけます。
    セル―動物保護区では、水鳥やカバ、ワニなど水辺の野生動物が観察できるボートサファリ(約2時間)をお楽しみ下さい。ルフィジ川沿いに集まるアフリカゾウなどの野生動物を観察するチャンスがあります。
  • ★4月〜5月の雨期期間中はセルー保護区のロッジが休業のため設定はございません。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒
夜:成田22:30
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■<ドーハ乗継ぎ>⇒キリマンジャロ⇒(車)アリューシャ
早朝:ドーハ着後、乗り継いでキリマンジャロ空港へ
午後:キリマンジャロ空港14:25〜17:00着後、現地アシスタントがお出迎えし、専用車にてアリューシャへ
夜:ホテルのレストランにて夕食
【アリューシャ泊】/食事:朝×昼×夕○
3 ■アリューシャ⇒(車)セレンゲティ
午前:朝食後、サファリカーにてセレンゲティ国立公園へ
途中、人類の祖先「アウストラロピテクス」の化石が発見されたオルドバイ峡谷に立ち寄ります。
夕刻:〈世界遺産〉セレンゲティ国立公園・ゲームドライブ
(昼食はランチボックスをご用意します)
夜:ロッジにて夕食
【セレンゲティ泊】/食事:朝○昼○夕○
4 ■セレンゲティ滞在
朝:ロッジにて朝食
終日:〈世界遺産〉セレンゲティ国立公園・ゲームドライブ
360度地平線の中、四輪駆動車を疾走させ、ライオン、チーター、ゾウ、シマウマ、ヌー、バッフォロー、キリン、カバ、ダチョウなどの他、ヒョウやサイなど珍しい野生動物も観察できるチャンスがあります。
(昼食はランチボックスをご用意します)
夜:ロッジにて夕食
【セレンゲティ泊】/食事:朝○昼○夕○
5 ■セレンゲティ⇒(車)ンゴロンゴロ
午前:朝食後、サファリカーにてンゴロンゴロ自然保護区
午後:〈世界遺産〉ンゴロンゴロ自然保護区・ゲームドライブ
クレーター内にはキリンとワニを除く東アフリカのほとんどの野生動物が生息しており、その数はなんと約25,000頭。世界最大級のカルデラ、外輪山から600m下の噴火口跡はまさに野生動物たちの楽園です。(昼食はランチボックスをご用意します)
夜:ロッジにて夕食
【ンゴロンゴロ泊】/食事:朝○昼○夕○
6 ■ンゴロンゴロ⇒(車)マニヤラ⇒(航空機)セル−
朝:ロッジにて朝食後、陸路、マニヤラへ
(昼食はランチボックスをご用意します)
午前:マニヤラ11:25発、空路セルーへ
午後:セルー15:15着後、ご宿泊ロッジの係員がお出迎えし、ロッジへ
(セルー滞在中はご宿泊ロッジの英語係員/混載車がご案内します)
夜:ロッジにて夕食
【セルー泊】/食事:朝○昼○夕○
7 ■セルー滞在
早朝:<世界遺産>セル―動物保護区・ゲームドライブ
午前〜午後:フリータイム
夕刻:<世界遺産>セル―動物保護区・ボートサファリ
雄大なルフィジ川にはカバやワニが多数生息しています。カワセミなどの水鳥観察のチャンスがあり、また、ボラサス椰子とルフィジ川が一体となった美しい景観も魅力です。
(食事はすべてロッジにて)
【セルー泊】/食事:朝○昼○夕○
8 ■セル―⇒(航空機)ダルエスサラーム発⇒ドーハ着
早朝:<世界遺産>セル―動物保護区・ゲームドライブ
朝:ロッジにて朝食 午前:滑走路へ
(昼食はランチボックスをご用意します)
午後:セルー13:15発、空路ダルエスサラームへ 着後、
現地係員がお出迎えし、乗り継ぎのお手伝いを致します
夕刻:ダルエスサラーム18:20発、空路にてドーハへ
夜:ドーハ着
【機中泊】/食事:朝○昼○夕×
9 ■ドーハ発⇒成田着
深夜:ドーハ01:35発、夜:成田17:35
日程表の見方

スケジュールはこちら
■ 料金表
2018年 出発日 旅行代金
成田発着 カタール航空
<毎日>発 9日間
5/31-6/29 \678,000
6/30-7/12 \698,000
7/13-14 \718,000
7/15-26 \708,000
7/27-8/2 \728,000
8/3-12 \748,000
8/13-18 \728,000
8/19-9/13 \708,000
9/14-15 \728,000
9/16-18 \703,000
9/19-20 \698,000
9/21-22 \703,000
9/23-10/4 \728,000
10/5-6 \703,000
10/7-31 \698,000
一人参加追加代金 お問い合わせください
★燃油サーチャージ/QR
(2/1現在) 
\0

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は、一人参加追加代金を加算してください。
  • 食事:朝食6回、昼食6回、夕食6回
  • 利用予定航空会社:カタール航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    <アリューシャ>
    ノボテルマウントメルー
    <セレンゲティ>
    セロネラワイルドライフ、セレンゲティソパ、セレンゲティセレナ、ンドゥトゥサファリ
    <ンゴロンゴロ>
    ンゴロンゴロワイルドライフ
    <セルー>
    ルフィジリバー

    ※他のロッジご指定の場合は、別途お見積りにて承ります

  • このコースは通常の募集型企画旅行契約とは別に「特約(特別約款)」がございますのでご注意下さい。
  • タンザニアは入国に際して事前に査証取得が必要です。査証取得に関する詳細はお問合せください。
  • ガイドについて:北部滞在中は全行程同じドライバーが英語ガイド兼任でご一緒します。セルー滞在中は、ロッジ側のスタッフ(英語混載)がお世話します。
  • 車両について:北部滞在中は専用車をご利用いただきます。ただし、セルー滞在中は、ロッジの所有する車(4WD車・混載車)」をご利用いただきます。
  • ボートサファリやゲームドライブについてゲームドライブや各地の移動にかかる所要時間などは目安として下さい。諸事情により時間調整が入ることもございます。また、野生動物の観察できる度合いは流動的です。気候や天候など自然環境の影響を受けやすいので予めご了承ください。
  • セルー動物保護区での早朝と夕刻の観光は現地事情により観光内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。
  • タンザニア国内線運行スケジュールは流動的であり、旅行の順序を変更あるいは、観光内容を調整してご案内させていただく場合もございます。
  • 空港税、タンザニア査証代、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • ガイドならびにドライバーへのチップについて
    北部滞在中のプライベートサファリ(専用車利用)については、ガイドならびにドライバーに対して「1日あたり20米ドル」を目安に最終日にまとめて手渡しでご用意お願いします。セルー滞在中のゲームドライブについてはプライベートサファリではないため(混載車利用)、お心付けとして「1回のゲームドライブにつき、5〜10米ドル程度」をご用意お願いします。
  • カタ−ル航空(QR)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が特定日にあたる場合、追加代金が別途かかります。
    詳細はこちらから→

トップへ戻る