ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

=マチュピチュ遺跡とレンソイス砂丘を満喫=
南米2大絶景をめぐる!★新ペルー&ブラジル周遊紀行 10日間
(リマ・マチュピチュ村・クスコ・サンルイス・バヘリーニャス)
PERU_LEN030


Previous
  • 白い砂丘と碧い湖が広がる「レンソイス・マラニャンセス国立公園」
  • 絶景!空中都市マチュピチュ遺跡とワイナピチュ峰
  • マチュピチュ遺跡/見張り小屋から朝もやがかかるワイナピチュ峰を見る
  • 「聖なる広場」周辺。石段の頂上にはインティワタナ(日時計)がある
  • インカ橋/絶壁に積上げた石壁に掛かる丸太橋でマチュピチュへの秘密の入り口といわれる
  • 絶景!ワイナピチュ峰の頂上から眺めるマチュピチュ遺跡
  • マチュピチュ遺跡と背後にそびえるマチュピチュ山(ワイナピチュ峰より)
  • クスコの中心「アルマス広場」
  • アルマス広場/「カテドラル(大聖堂)」と「ラ・コンパーニャ・デ・ヘスス教会」
  • クスコの「アトゥンルミヨク通り」にある精緻なインカの石組み(有名な12角の石)
  • インカ時代の石垣が今でも残る「アトゥンルミヨク通り」
  • サクサイワマンのキリスト像/クスコの町を見下ろす丘に立つ
  • サクサイワマン遺跡/パズルのピースのように組み合わされた巨大な巨石の壁
  • タンボマチャイ遺跡/インカ王の沐浴場との説があり今も聖なる泉が湧き出てている
  • プカプカラ遺跡/タンボマチャイ遺跡の正面にありクスコへの検問所跡ともいわれる
  • ケンコー遺跡/巨大な一枚岩を削って作られた「インカ時代の祭祀場」と考えられている
  • レンソイス・マラニャンセス国立公園/サンドバギーも楽しめる
  • 白い砂丘から枯れ木が伸びる幻想的な風景(レンソイス)
  • 雨期に出現する湖とともに現れる魚たち(レンソイスの不思議現象)
  • ジャングルの中を流れるプレギシャス川の風景
  • マンダカル村の船つき乗り場の風景
  • マンダカル村の灯台
  • マンダカルの灯台からの美しい眺め
Next

ツアーポイント

  • 本コースは、南米を代表する2大絶景地「マチュピチュ遺跡」と「レンソイス砂丘(レンソイス・マラニャンセス国立公園)」を10日間で巡るペルー・ブラジル周遊紀行です。
    「クスコ」では、旧市街と近郊遺跡観光を「日本語ガイド」がご案内します。
    マチュピチュ遺跡観光は、「英語ガイド(混載)」が遺跡内の見どころをコンパクトにご案内します。
  • 【マチュピチュ遺跡観光について】
    ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山をご希望の場合は、「登山チャレンジプラン」を事前予約で別途お申込みください(ガイドは同行いたしません)。
  • ポルトガル語でレンソイス(lencois)とは英語の「sheets(シーツ)」を意味し、広大な白い砂丘を上空からみると洗いたての白いシーツが風になびいているかのように見えることから 「マラニョン州のシーツ(レンソイス・マラニャンセス)」と呼ばれることになりました。
    ウィキペディア情報「レンソイス・マラニャンセス国立公園」はこちらから>
  • >
  • <注意事項>
    通年訪問可能ですが、レンソイスのベストシーズンは、雨季(1月〜5月末)が終了した6月〜9月です。
    この時期は石英100%の白砂漠にエメラルドグリーンの湖が出現します。レンソイスの幻の湖をメインにお考えの方は、6月〜9月の時期にご旅行を計画されることをお勧めします。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒<アメリカ乗り継ぎ>⇒リマ
午後:成田発、<アメリカ乗り継ぎ>リマへ
深夜:リマ着後、現地係員がお出迎えしホテルへご案内します。(ドライバーのみ)
(ホテル着後に、日本語係員が翌日からのご旅行日程に関してのご説明をおこないます)
【リマ泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■リマ⇒(航空機)クスコ⇒(車)オリャンタイタンボ⇒(列車)アグアスカリエンテス
早朝:専用車にて空港へ
朝:リマ06:40発<空路にて>クスコへ
午前:08:00着後、〈世界遺産〉クスコ市街と近郊観光(★日本語ガイド)
(○ロレト通りとアトゥンルミヨク通り(12角の石)、○アルマス広場、○カテドラル、◎サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ=太陽の神殿)、◎サクサイワマン(要塞跡)、◎ケンコ−(祭礼場跡)、プカプカラ(要塞跡)[車窓]、◎タンボマチャイ(沐浴場跡))
その後、専用車にて聖なる谷の風景を車窓から楽しみながらオリャンタイタンボへ(ドライバーのみ)
午後:オリャンタイタンボ15:37発、高原列車にてアグアスカリエンテスへ
夕刻:17:02着後、ホテルへ
【マチュピチュ村泊】/食事:朝○昼×夕×
3 ■アグアスカリエンテス⇒(列車)ポロイ⇒(車)クスコ
午前:〈世界遺産〉マチュピチュ遺跡観光(★英語ガイド・混載)
朝ホテルを出発しお客様ご自身でバスに乗りマチュピチュ遺跡へ。遺跡の入り口で集合(目印の旗あり)し、遺跡観光を開始します(10:30頃集合)。水汲み場、陵墓、太陽の神殿、王女の宮殿、主神殿・3つの窓の神殿・神官の館と神聖な広場、インティワタナ(日時計)、コンドルの神殿などを順に観光します。 観光終了後、ガイドと一緒に遺跡を退場して解散します(約2時間)。お客様ご自身でバスに乗りマチュピチュ村へ。着後、列車の出発時間までフリータイムとなります(マチュピチュ村散策をお楽しみください)。
※上記の遺跡観光では、インカ橋の訪問は含まれておりませんのでご注意ください。
※ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山を希望される方は下記のプランをお申し込みください。

午後:アグアスカリエンテス15:20発、高原列車にてポロイへ
夜:19:05着後、車にてホテルへ(ポロイ駅−ホテル間は英語係員付き)
【登山チャレンジプラン】ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山を希望するお客様へ
事前予約で登山入場券をお申込みください。お一人様追加代金/\2,000

7:00の登山入場券で遺跡に入場し登山口までお客様ご自身で移動します。お客様ご自身で登山し下山後は遺跡を一旦退場していただき、10:30までに遺跡入り口付近の集合場所に集合しガイドと一緒に遺跡に改めて入場します。
【クスコ泊】/食事:朝○昼×夕×
4 ■クスコ⇒(航空機)リマ発⇒
午前:フリ−タイム
インカ帝国のかつての都・クスコでの滞在を思い思いにお楽しみ下さい。
午後:車にて空港へ(英語係員)
午後〜夕刻:クスコ発<空路にて>リマへ
夕刻〜夜:リマ着後、お客様ご自身でお乗換え。
深夜:リマ23:00頃発、空路にてサンパウロへ
【機中泊】/食事:朝○昼×夕×
5 ■サンパウロ⇒(航空機)サンルイス
早朝:サンパウロ着後、お客様ご自身でお乗換え
午前:サンパウロ発<空路にて>サンルイスへ
午後:サンルイス14:00〜15:00頃着後、現地係員がお出迎えしホテルへ
ホテル到着後は、フリ−タイム
(タイルを貼った建物の多い旧市街の散策等お楽しみ下さい)
【サンルイス泊】/食事:朝×昼×夕×
6 ■サンルイス⇒(車)バヘリーニャス
午前:サンルイスより車にてバヘリーニャスへ(約4時間)
午後:レンソイス・マラニャンセス国立公園観光(英語ガイド・混載)
(真っ白な砂丘やエメラルドグリ−ンの湖が現れる幻想的な風景をお楽しみ下さい。湖で泳ぐことも可能ですので水着とビーチサンダルもご用意ください)※注意:砂丘に湖が出現するのは6月〜9月に限定されます。
夕刻:大砂丘での「夕日観賞(サンセット)」をお楽しみいただきます。
【バヘリーニャス泊】/食事:朝○昼×夕×
7 ■バヘリーニャス⇒(車)サンルイス
午前〜午後:プレギッサ川のボ−トツア−(英語ガイド・混載)
(スピードボートでプレギッサ川(Preguicas River)を下り、川沿いの3つの漁村を訪問します。「小レンソイス」の呼び名をもつ砂丘があるバッソーラス村(Vassouras)、レンソイス国立公園と大西洋が一望できる灯台があるマンダカル村(Mandacaru)、そして美しい白砂のビーチが広がるカブレ村(Cabure)。途中、熱帯雨林やマングローブの森が広がる風景もお楽しみください)
夕刻:バヘリーニャスより車にてサンルイスへ(約4時間)
【サンルイス泊】/食事:朝○昼×夕×
8 ■サンルイス⇒(航空機)ブラジリアまたはサンパウロ⇒
午前:フリータイム
(タイルを貼った建物の多い旧市街の散策等お楽しみ下さい)
午後:空港へお送りします。
午後:サンルイス14:50〜16:30発<空路にて>ブラジリアまたはサンパウロへ
夕刻:ブラジリアまたはサンパウロ着後、お客様自身で乗換え、
夜:ブラジリアまたはサンパウロ発、空路にて<アメリカ乗り継ぎ>帰国の途へ
【機中泊】/食事:朝○昼×夕×
9 ■アメリカ発⇒
午前:アメリカ発、空路にて帰国の途へ
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
10 ■成田着
午後:成田着
日程表の見方
スケジュールはこちら
■料金表
出発日 旅行代金(2018年)
成田発 アメリカン航空
<毎日>発 火・水 月木金土日
2/01-3/31 \518,000 \528,000
4/01-26 \518,000 \528,000
4/27-30 \618,000 \628,000
5/01-03 \568,000 \578,000
5/04-7/12 \518,000 \528,000
7/13-8/03 \578,000 \588,000
8/04-12 \618,000 \628,000
8/13-21 \578,000 \588,000
8/22-31 \558,000 \568,000
9/01-30 \518,000 \528,000
10/01-31 \518,000 \528,000
     
一人参加追加代金 \88,000 \88,000
一人部屋追加代金 \40,000 \40,000
★燃油サーチャージ
(8/01現在)
\28,000

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • ◎一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください(一人部屋追加代金は不要)。
  • 食事:朝食7回、昼食0回、夕食0回
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス
    (スタンダードクラス)
    <リマ>
    マリエル、カルメル、アルパ 、アビタット、エンバハドーレス、ファラオナ、ベイビュー、 エル・ドゥカード、ブリタニア 、アリオスト、レオンデオロ
    <マチュピチュ村>
    アンディーナ・ラグジュアリー、ハトゥンサマイ、サンチュアリオ、キヤ・イン、インティプンク、プレシデンテ、ハナクパチャイン、インティイン、ロイヤル・インティイン、 プラザ・アンディーナ、ウィラコチャ・イン、インティプンク・イン、カバーニャ、インペリオ、インティ・ウィナイワイナ、ワマン・イン
    <クスコ>
    ミドリ、サン・アグスティン・インターナショナル、クスコプラザ2、ドン・カルロス、エルプーマ、
    ロスアンデス・デ・アメリカ、ロイヤル・インカ1
    <サンルイス>
    ポサ−ダ・ポルタス・ダ・アマソニア、グランド・サンルイス
    <バヘリーニャス>
    ポサ−ダ・ド・ブリティ

  • このコースは通常の募集型企画旅行契約とは別に「特約(特別約款)」がございますのでご注意ください。
  • 本コースでは、ブラジルは査証が必要です。詳細はお問合せください。

■ペルー旅程における注意事項

  • 【重要事項】:マチュピチュ遺跡の入場制限(1日2500人)ならびにワイナピチュ峰の入場制限(1日400人)に伴い、すべての旅行者に事前予約の入場券購入が義務づけられました。そのため弊社では事前予約・購入をスムーズに進めるために、お申込みと同時にご旅行者様全員のパスポートのコピーの提出をお願いしております(生年月日やパスポート番号が記載されたページ)。 なお、即日ご用意いただけない場合は、弊社予約担当者と提出の期日のご相談を必ず行ってください。
  • ガイドについて:1日目、現地係員(ドライバーのみ)がお出迎えし、ホテル到着後に日本語係員が翌日からの旅行日程についてご説明いたします。2日目のクスコ観光は日本語ガイドがご案内します。その後オリャンタイタンボへお送りした後は、お客様ご自身での行動となります。列車移動区間とアグアスカリエンテス駅とホテル間の移動もお客様ご自身となります(徒歩5分圏内です。地図とホテルバウチャーはリマ到着時のオリエンテーションの際にお渡しします。)
  • 現地係員(ドライバーのみ)について:ホテル−空港間の陸路移動の際の現地係員(ドライバー兼任)は片言の英語、又はスペイン語のみのコミュニケーションとなりますので予めご承知おき下さい。
  • 専用車利用について:日程上に専用車の記載があるところは、原則お客様だけのプライベートカーをご用意致します。但し、繁忙期でガイドや車の手配がプライベート対応できない場合は、弊社取扱いの別のお客様と混乗していただく場合がございますので予めご了承下さい。その場合の旅行代金の減額等はございません。
  • アグアスカリエンテス駅発→ポロイ駅(クスコ)への直行列車がご用意できない場合について:オリャンタイタンボ駅までの列車を利用して、オリャンタイタンボ駅からクスコまでは車(混載車)を利用して移動します(ドライバーのみ)。
  • 高原列車について:「ペルーレイル」または「インカレイル」を利用します。ご指定はできませんので予めご了承ください。
  • マチュピチュ村滞在中の手荷物について:2日目オリャンタイタンボへお送りした後、スーツケースなど大きな手荷物は運転手がお預かりしてクスコに戻ります。荷物はクスコのホテルに預けますので、マチュピチュ村へは1泊2日の滞在で最低必要な軽めのパッキングでご出発していただきます。スーツケースなど大きな手荷物は列車内に詰め込むことができないことが理由でございますので予めご了承ください。
  • マチュピチュ遺跡の朝日観賞は、天候の関係で朝日がご覧いただけない場合がございますので予めご了承ください。
  • ワイナピチュ峰登山・マチュピチュ峰登山について:現在、ワイナピチュ峰・マチュピチュ峰共に入場は午前中のみで、入場できる人数は1日400人までと制限があります。 特にワイナピチュ峰登山は人気が高く、なるべくご希望にそえるよう手配を進めておりますが、天候や人数制限の関係でご希望にそえない場合もございますので予めご了承ください。
    《重要》天候等の理由でガイドが危険だと判断した場合は、登山を中止することもございます。また人数制限の理由で入場券が入手できなかった場合は、代替案として「インティプンク(太陽の門)」へご案内します。(ガイドがつくツアーの場合のみ)
  • クスコ観光が日曜日にあたる場合の注意事項:「サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)」は日曜日の午前中はミサにあたるため、入場観光ができません外観のみの観光となりますので予めご了承下さい。
    (日曜日の入場時間は14:00〜17:00)
  • 【リマ空港内にあるホテルに手配変更を希望する場合の追加代金】(お一人様・1泊につき)
    <コスタデルソル・ウィンダム> 2名参加の場合:\8,000 /1名参加の場合:\16,000
    ●Costa del Sol Wyndhamのサイトはこちら>> ※注意:3名1室利用はできません
  • 国内線、列車の発着時刻について】上記はあくまで予定時刻となります。天候や確保できる便、運行スケジュールの急な変更等に伴って大幅に変わる場合もございますので予めご了承ください。

■ブラジル旅程における注意事項

  • ブラジル滞在中の観光案内は、英語ガイドがお世話します。
  • サンルイス−バヘリーニャス移動時の注意事項について
    サンルイス−バヘリーニャス間の移動は、トラックの荷台にお座席を設置した車両となり、道のりは未舗装でかなり揺れますので予めご了承ください。
    【重要】お持ちいただける手荷物はお一人様15kgまでという制限がございます。そのため、スーツケースなどの大きい荷物は、施錠の上、サンルイスのホテルのフロントに預けていただきますので予めご注意ください。
  • 砂丘にできる湖は雨期に降った雨水が湧き出て発生する自然現象となりますので様々な条件により期待通りにご覧いただけない場合もございます。その場合でも旅行代金の返金は一切ございませんので予めご了承ください。
  • レンソイス観光では湖で泳ぐことも可能です。ビーチサンダルと水着は各自ご用意お願いします。

■その他、注意事項

  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    また、ご利用いただく区間によっては、お預け手荷物費用が無料ではなく有料(現地払い)となる場合がございます。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • アメリカン航空(AA)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が土曜または日曜の場合、\10,000の追加代金が別途かかります。

  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、
    訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。
    (2014年8月現在)
    ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る
オプショナルツアーナスカの地上絵遊覧飛行について