ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

神秘のチャビンデワンタル遺跡とインカ帝国の謎に迫る!
ワスカラン国立公園とペル−3大ハイライト紀行10日間
(リマ・ワラス・マチュピチュ村・クスコ)
PERU012


Previous
  • ワラスの美しい景観
  • ペルーの最高峰「ワスカラン山(6768m)」
  • ワスカラン国立公園へ向かう途中の風景(イメージ)
  • ワスカラン国立公園へ向かう途中の風景(イメージ)
  • ヤンガヌコ湖のひとつチナンコチャ湖(女の湖)
  • ワスカラン国立公園/2つのヤンガヌコ湖をつなぐ白い道の風景
  • ヤンガヌコ湖のひとつオルコンコチャ湖(男の湖)
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • ユンガイ慰霊公園/背後に雄大なワスカラン山がそびえる
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • 手前の土盛りは大地震で崩落し流れ着いた山頂からの土砂の塊(かなり高い)
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • ケロコチャ湖/ワラスからチャビンへ向かう途中の風景
  • ワラスからチャビンへ向かう途中の峠の風景
  • チャビン村/山あいの美しい村風景
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡(神殿正面)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/重量感のある神殿を構成する石組み
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡(神殿正面)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/Cabeza Clava(頭の形をした石釘)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡(神殿正面)
  • 地下迷路にあるランソン像(遺跡保護のため一方向からしか見えない)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/石を組み合わせて作った地下迷路の様子
  • 国立チャビン博物館/2008年日本政府の協力のもと完成(Lanzon monolitico)
  • 国立チャビン博物館(正面入り口)
  • マチュピチュ遺跡/見張り小屋から朝もやがかかるワイナピチュ峰を見る
  • 絶景!空中都市マチュピチュ遺跡とワイナピチュ峰
  • 「聖なる広場」周辺。石段の頂上にはインティワタナ(日時計)がある
  • マチュピチュ遺跡/アンデネス(段々畑)と背後にそびえるマチュピチュ山
  • インカ橋/絶壁に積上げた石壁に掛かる丸太橋でマチュピチュへの秘密の入り口といわれる
  • 絶景!ワイナピチュ峰の頂上から眺めるマチュピチュ遺跡
  • ワイナピチュ峰の頂上を目指す人たちの背後に広がる絶景
  • マチュピチュ遺跡と背後にそびえるマチュピチュ山(ワイナピチュ峰より)
  • オリャンタイタンボの村を見守る神聖な岩山(オリャンタイタンボ遺跡より)
  • オリャンタイタンボ遺跡/迫力ある六枚屏風岩
  • オリャンタイタンボ遺跡/隙間ないしっかりとした石組みをもつ堅牢な城壁
  • オリャンタイタンボ遺跡/かみそりの刃を通さない見事な石組み
  • チンチェーロ村(標高3800m)/堅固なインカ時代の建造物の上に立つ白壁の教会
  • チンチェーロ村(標高3800m)/白壁の教会から十字架越しに広場を見た風景
  • クスコの中心「アルマス広場」
  • アルマス広場/「カテドラル(大聖堂)」と「ラ・コンパーニャ・デ・ヘスス教会」
  • クスコの「アトゥンルミヨク通り」にある精緻なインカの石組み(有名な12角の石)
  • インカ時代の石垣が今でも残る「アトゥンルミヨク通り」
  • サクサイワマンのキリスト像/クスコの町を見下ろす丘に立つ
  • サクサイワマン遺跡/手前が3層の城壁、広場をはさんだ奥には自然の滑り台がある
  • サクサイワマン遺跡/パズルのピースのように組み合わされた巨大な巨石の壁
  • サクサイワマン遺跡/自然石でできた巨大な滑り台で遊ぶ子供たち
  • タンボマチャイ遺跡/インカ王の沐浴場との説があり今も聖なる泉が湧き出てている
  • プカプカラ遺跡/タンボマチャイ遺跡の正面にありクスコへの検問所跡ともいわれる
  • ケンコー遺跡/巨大な一枚岩を削って作られた「インカ時代の祭祀場」と考えられている
Next

ツアーポイント

  • 本コースは前半に風光明媚な「ワスカラン国立公園」と神秘と謎に包まれたプレインカ遺跡の「チャビンデワンタル遺跡」を訪問、後半にインカ遺跡を中心としたペルーの2大観光地「クスコ(市街と近郊)、マチュピチュ遺跡」を盛り込んだ3大ハイライト紀行です。
  • <前半の北部ペルー観光について>
    ワラス滞在2日目は、ペルーの最高峰ワスカラン峰(6768m)が迫る「ワスカラン国立公園」をガイドとともに終日ハイキング。氷河を戴く美しい山々やエメラルドグリーンの湖水、珍しい高山植物など、ペルーの大自然をご堪能いただきます。途中、負の遺産ともいえる「ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)」も訪問します。
    ワラス滞在3日目は、紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。
  • <後半の南部ペルー観光について>
    クスコでは、世界遺産の「クスコ市街」と謎の巨石建造物「サクサイワマン、ケンコー、タンボマチャイ」など近郊遺跡観光を日本語ガイドがご案内します。
    マチュピチュ遺跡観光は、ご予算に応じて「日本語ガイド」「英語ガイド」が選択可能です。
  • 【マチュピチュ遺跡観光について】
    ワイナピチュ峰登山をご希望の場合は、「登山チャレンジプラン」を事前予約で別途お申込みください(ガイドは同行いたしません)。
  • ★本コースは乾季限定の4月〜10月までの商品です。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒<アメリカ乗り継ぎ>⇒リマ
午前〜夜:成田発、<アメリカ乗り継ぎ>リマへ
深夜:リマ着後、現地係員がお出迎えしホテルへご案内します。(ドライバーのみ)
(ホテル着後に、日本語係員が翌日からのご旅行日程に関してのご説明をおこないます)
【リマ泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■リマ⇒(車)ワラス
朝:専用車にてバス停へ(ドライバーのみ)
午前:バスにてワラスへ(所要時間:約7時間半〜8時間)
夕刻:ワラス着後、現地係員がお出迎えしホテルへご案内します。
【ワラス泊】/食事:朝○昼×夕× 
3 ■ワラス⇒(車)ワスカラン国立公園⇒(車)カンポサント・ユンガイ⇒(車)ワラス
終日:〈世界遺産〉ワスカラン国立公園ユンガイ慰霊公園訪問(★英語ガイド)
朝:ワラス08:00頃発、専用車にてワスカラン国立公園へ(約3時間)
午前:ワスカラン国立公園11:00頃
エメラルドグリーンの水をたたえたヤンガヌコ湖のほとりを散策しながらペルーの美しい大自然をご覧いただきます。
(ヤンガヌコ湖(Laguna Llanganuco)は、南側のチナンコチャ湖(Laguna Chinancocha/女の湖)と北側のオルコンコチャ湖(Laguna Orconcocha/男の湖)の2つの湖からなる氷河湖です(標高3850m))
その後、ワスカラン国立公園からカンポサント・ユンガイへ(約1時間半)
午後:着後、ローカルレストランにて昼食
午後:ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)観光。その後ワラスへ戻ります。
夕刻:ワラス着
CampoSanto Yungay(ユンガイ慰霊公園):1970年5月31日、M7.8のアンカッシュ地震が発生し、ワスカランの北峰が氷河と共に大崩落を起こす。 15,000,000m3の土砂と雪が標高3,000mの高さから時速300kmで村々を襲撃し、死者・行方不明者はこの地域全体で約7万人に達した。中でもユンガイの被害は最も甚大で当時のユンガイの人口は約18,000人いたが、そのほとんどが死亡した。ペルー政府はユンガイの地を国有化し、国立墓地に指定して掘り返すことを禁止した。また旧市街から南に約2kmの場所に新しいユンガイの町を建設した。
【ワラス泊】 /食事:朝○昼○夕×
4 ■ワラス⇒(車)チャビンデワンタル⇒(車)ワラス/ワラス⇒(バス)
終日:〈世界遺産〉チャビン・デ・ワンタル遺跡観光(★英語ガイド)
朝:ワラス08:00発、専用車にてチャビンデワンタルへ(約3時間)
途中、絵画のように美しいケロコチャ湖や標高4000mの峠を越えながら美しい風景をお楽しみください。
午前:チャビン・デ・ワンタル遺跡観光(約2時間)
昼:ローカルレストランにて昼食(チャビン村)
午後:国立チャビン博物館見学(約1時間30分)。その後ワラスへ戻ります。
夕刻:ワラス着

※「チャビン・デ・ワンタル遺跡(Chavin de Huantar)」は、標高3,000mを超える小盆地にある神殿遺跡で、古代アンデス文明「形成期」のチャビン文化の代表的な遺跡です(紀元前1,000年頃)。当時は、熱帯雨林地帯から北海岸地帯までの広い地域から巡礼者が訪れ、信仰や文化面で大きな影響を与えたと言われている。200m四方の範囲に広場を囲み、西、北、南に建物を配し、主神殿は幅1mほどの地下回廊が迷路のように張り巡らされ、その中心には儀礼で重要な役割を担ったと考えられる高さ約4.5mの石塔(「ランソン」と呼ばれている)が立てられている。各所にはジャガーなどの動物像や怪奇な神人像(浅浮彫り)が装飾されている。
※「国立チャビン博物館」は、2008年日本政府の協力のもと完成。チャビンデワンタル遺跡から発掘された貴重な遺物が美しく展示されています。日本語解説もあります。
【ワラス泊】 /食事:朝○昼○夕×
5 ■ワラス⇒(車)リマ
朝:専用車にてバス停へ(ドライバーのみ)
午前:バスにてリマへ(所要時間:約7時間半〜8時間)
※昼食はつきませんのでご注意ください。
夕刻:リマ着後、現地係員がお出迎えしホテルへご案内します。
【リマ泊】/食事:朝○昼×夕×
6 ■リマ⇒(航空機)クスコ⇒(車)オリャンタイタンボ⇒(列車)アグアスカリエンテス
早朝:専用車にて空港へ
朝:リマ06:40発<空路にて>クスコへ
午前:08:00着後、〈世界遺産〉クスコ市街と近郊観光(★日本語ガイド)
(○ロレト通りとアトゥンルミヨク通り(12角の石)、○アルマス広場、○カテドラル、◎サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ=太陽の神殿)、◎サクサイワマン(要塞跡)、◎ケンコ−(祭礼場跡)、プカプカラ(要塞跡)[車窓]、◎タンボマチャイ(沐浴場跡))
その後、専用車にて聖なる谷の風景を車窓から楽しみながらオリャンタイタンボへ(ドライバーのみ)
午後:オリャンタイタンボ15:37発、高原列車にてアグアスカリエンテスへ
夕刻:17:02着後、ホテルへ
【マチュピチュ村泊】/食事:朝○昼×夕×
7 ■アグアスカリエンテス⇒(列車)ポロイ⇒(車)クスコ
午前:〈世界遺産〉マチュピチュ遺跡観光(★英語ガイドまたは日本語ガイド/共に混載ガイド)
朝ホテルを出発しお客様ご自身でバスに乗りマチュピチュ遺跡へ。遺跡の入り口付近で集合し(待合せ場所や点呼あり)、遺跡観光を開始します(10:30頃集合)。水汲み場、陵墓、太陽の神殿、王女の宮殿、主神殿・3つの窓の神殿・神官の館と神聖な広場、インティワタナ(日時計)、コンドルの神殿などを順に観光します。 観光終了後、遺跡を退場して解散します(約2時間)。お客様ご自身でバスに乗りマチュピチュ村へ。着後、列車の出発時間までフリータイムとなります(マチュピチュ村散策をお楽しみください)。
※上記の遺跡観光では、インカ橋の訪問は含まれておりませんのでご注意ください。
※ワイナピチュ峰登山を希望される方は下記のプランをお申し込みください。

午後:アグアスカリエンテス15:20発、高原列車にてポロイへ
夜:19:05着後、車にてホテルへ(ポロイ駅−ホテル間は英語係員付き)
【登山チャレンジプラン】ワイナピチュ峰登山を希望するお客様へ
事前予約で登山入場券をお申込みください。お一人様追加代金/\2,000

7:00の登山入場券で遺跡に入場し登山口までお客様ご自身で移動します。お客様ご自身で登山し下山後は遺跡を一旦退場していただき、10:30までに遺跡入り口付近の集合場所に集合しガイドと一緒に遺跡に改めて入場します。
【クスコ泊】/食事:朝○昼×夕×
8 ■クスコ⇒(航空機)リマ発⇒
午前:フリータイム 
ご出発のお時間までクスコ滞在を思い思いにお過ごしください。
午後:車にて空港へ(英語係員)
午後〜夕刻:クスコ発<空路にて>リマへ
夕刻〜夜:リマ着後、お客様ご自身でお乗換え。
深夜:リマ23:30〜25:40発、空路にて<アメリカ乗り継ぎ>帰国の途へ
※オプショナルツアー/ラルコマル往復送迎サービス
【機中泊】/食事:朝○昼×夕×
9 ■⇒<アメリカ乗り継ぎ>⇒
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×                                
10 ■成田着
午後:成田着
日程表の見方
スケジュールはこちら
■料金表
出発日 旅行代金 (2019年)
成田発 ラタム航空(LA)
マチュピチュ観光のガイド 英語ガイド 日本語ガイド
出発日 月火水木金土日   月火水木金土日  
4/01-23 \388,000   \398,000  
4/24-25 \448,000   \458,000  
4/26-28 \478,000   \488,000  
4/29-5/01 \458,000   \468,000  
5/02-7/11 \388,000   \398,000  
7/12-8/08 \438,000   \448,000  
8/09-12 \478,000   \488,000  
8/13-20 \438,000   \448,000  
8/21-31 \418,000   \428,000  
9/01-30 \388,000   \398,000  
10/01-31 \388,000   \398,000  
         
一人参加追加代金 \118,000 \128,000
一人部屋追加代金 \45,000 \45,000
★燃油サーチャージ
(4/01現在)
\0
■料金表
出発日 旅行代金(2019年)
成田発 アメリカン航空(AA)
マチュピチュ観光のガイド 英語ガイド 日本語ガイド
出発日 火・水 月木金土日 火・水 月木金土日
4/01-23 \388,000 \398,000 \398,000 \408,000
4/24-25 \448,000 \458,000 \458,000 \468,000
4/26-28 \528,000 \538,000 \538,000 \548,000
4/29-5/01 \468,000 \478,000 \478,000 \488,000
5/02-7/11 \388,000 \398,000 \398,000 \408,000
7/12-8/08 \458,000 \468,000 \468,000 \478,000
8/09-12 \498,000 \508,000 \508,000 \518,000
8/13-20 \458,000 \468,000 \468,000 \478,000
8/21-31 \428,000 \438,000 \438,000 \448,000
9/01-30 \388,000 \398,000 \398,000 \408,000
10/01-31 \388,000 \398,000 \398,000 \408,000
         
一人参加追加代金 \118,000 \128,000
一人部屋追加代金 \45,000 \45,000
★燃油サーチャージ
(4/01現在)
\14,000

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • ※一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。 (一人部屋追加代金は不要)。
  • 食事:朝食7回、昼食2回、夕食0回
  • 利用予定航空会社:ラタム航空アメリカン航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス
    (スタンダードクラス)
    <リマ>
    マリエル、カルメル、アルパ 、アビタット、エンバハドーレス、ファラオナ、ベイビュー、 エル・ドゥカード、ブリタニア 、アリオスト、レオンデオロ
    <ワラス>
    パストルーリ、コロンバ、サン・セバスチャン
    <マチュピチュ村>
    アンディーナ・ラグジュアリー、ハトゥンサマイ、サンチュアリオ、キヤ・イン、インティプンク、プレシデンテ、ハナクパチャイン、インティイン、ロイヤル・インティイン、 プラザ・アンディーナ、ウィラコチャ・イン、インティプンク・イン、カバーニャ、インペリオ、インティ・ウィナイワイナ、ワマン・イン
    <クスコ>
    ミドリ、サンアグスティン・インターナショナル、クスコプラザ2、ドン・カルロス、エルプーマ、 ロスアンデス・デ・アメリカ、ロイヤル・インカ1

  • 本コースは、英語ガイドのコースとなります。
  • 【重要事項】:マチュピチュ遺跡の入場制限(1日2500人)ならびにワイナピチュ峰およびマチュピチュ峰の入場制限(共に1日400人)に伴い、すべての旅行者に事前予約の入場券購入が義務づけられました。そのため弊社では事前予約・購入をスムーズに進めるために、お申込みと同時にご旅行者様全員のパスポートのコピーの提出をお願いしております(生年月日やパスポート番号が記載されたページ)。 なお、即日ご用意いただけない場合は、弊社予約担当者と提出の期日のご相談を必ず行ってください。
  • 観光ガイドについて:ワラスでは英語ガイドがお世話します。 6日目のクスコ観光のみ日本語ガイドがご案内します。クスコからオリャンタイタンボへお送りした後は、お客様ご自身での行動となります。 列車移動区間とアグアスカリエンテス駅ーホテル間の移動もお客様ご自身となります(徒歩5分圏内です。地図とホテルバウチャーはリマ到着時のオリエンテーションの際にお渡しします。)
  • 利用するバスについて
    ・リマ−ワラス間は観光客向けの快適な「クルスデルスール社」のバスを利用します(車内にトイレ付き)。
    クルスデルスール社のサイトはこちら>>
    ※日程表記の所要時間は、道路状況により変更もございますので予めご了承ください。
  • 現地係員(ドライバーのみ)について:ホテル−空港・駅間の陸路移動の際の現地係員(ドライバー兼任)は片言の英語またはスペイン語のみのコミュニケーションとなりますので予めご承知おきください。
  • 専用車利用について:日程上に専用車の記載があるところは、原則お客様だけのプライベートカーをご用意いたします。但し、繁忙期でガイドや車の手配がプライベート対応できない場合は、弊社取扱いの別のお客様と混乗していただく場合がございますので予めご了承ください。その場合の旅行代金の減額等はございません。
  • 高原列車について:「ペルーレイル」または「インカレイル」を利用します。ご指定はできませんので予めご了承ください。
  • 4日目:「チャビンデワンタル遺跡」は、月曜日がお休みとなります。その場合は3日目の「ワスカラン国立公園観光」と日程を入れ替えてご案内いたします。
  • マチュピチュ村滞在中の手荷物について:6日目オリャンタイタンボへお送りした後、スーツケースなど大きな手荷物は運転手がお預かりしてクスコに戻ります。荷物はクスコのホテルに預けますので、マチュピチュ村へは1泊2日の滞在で最低必要な軽めのパッキングでご出発していただきます。スーツケースなど大きな手荷物は列車内に詰め込むことができないことが理由でございますので予めご了承ください。
  • マチュピチュ遺跡の朝日観賞は、天候の関係で朝日がご覧いただけない場合がございますので予めご了承ください。
  • ワイナピチュ峰登山・マチュピチュ峰登山について:現在、ワイナピチュ峰・マチュピチュ峰共に入場は午前中のみで、入場できる人数は1日400人までと制限があります。 特にワイナピチュ峰登山は人気が高く、なるべくご希望にそえるよう手配を進めておりますが、天候や人数制限の関係でご希望にそえない場合もございますので予めご了承ください。
    《重要》天候等の理由でガイドが危険だと判断した場合は、登山を中止することもございます。また人数制限の理由で入場券が入手できなかった場合は、代替案として「インティプンク(太陽の門)」へお連れいたします。
  • クスコ観光が日曜日にあたる場合の注意事項:「サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)」は日曜日の午前中はミサが行われるため、入場観光ができません外観のみの観光となりますので予めご了承下さい。
    (日曜日の入場時間は14:00〜17:00)※なお代金の減額等はございません。
  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    また、ご利用いただく区間によっては、お預け手荷物費用が無料ではなく有料(現地払い)となる場合がございます。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • 国内線、列車の発着時刻について】上記はあくまで予定時刻となります。天候や確保できる便、運行スケジュールの急な変更等に伴って大幅に変わる場合もございますので予めご了承ください。
  • アメリカン航空(AA)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が土曜または日曜の場合、\10,000の追加代金が別途かかります。


トップへ戻る