ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

★グアテマラ西部の高地に暮らすマヤ系先住民の村々を訪問★
=桃源郷トドスサントス・クチュマタンとマヤの色彩をめぐる=

<ティカル遺跡そばのホテルに泊まる(翌日の遺跡入場券付き)>
グアテマラ周遊紀行11日間
(アンティグア・パナハッチェル・ウエウエテナンゴ・ケツァルテナンゴ・グアテマラシティ・ティカル)
GUATEMALA009A


Previous
  • アルモロンガの野菜市
  • トドスサントスの民族衣装/男性の赤に白のストライブが入ったズボンが独特
  • トドスサントスの民族衣装/男性の赤に白のストライブが入ったズボンが独特
  • サンアンドレス・シェクルの黄色い教会
  • 不思議なマシモン信仰(祭壇)/古いマヤ信仰とカトリック信仰の習合との説もある
  • アルモロンガの野菜市
  • ソロラの野菜市
  • 古都アンティグア/十字架の丘から街とアグア山を臨む
  • 古都アンティグア/町のシンボルでもある時計台とアグア山
  • 古都アンティグア/中央公園とカテドラル。背後にアグア山が見える
  • 古都アンティグア/過去の大地震で崩壊した建物がそのまま残る博物館のような町
  • パナハッチェルの町とアティトラン湖/湖畔には先住民の町や村がある
  • パナハッチェル/アティトラン湖と湖畔の村に向かうフェリー乗り場
  • ティカル国立公園/6号まである神殿の中で最も美しい「T号神殿」
  • ティカル国立公園(T号神殿)
  • ティカル国立公園(W号神殿)
  • ティカル国立公園/テオティワカン建築の影響を受けた「失われた世界」
  • ティカル国立公園/遺跡の中で最も高い「W号神殿」の頂上からの眺め(高さ約70m)
  • ティカル国立公園/「W号神殿」の頂上からの眺め(朝焼けのシーン)
Next

ツアーポイント

  • グアテマラ最後の桃源郷「トドスサントス・クチュマタン」をはじめ、ケツァルテナンゴ近郊のマヤ系先住民の村々を訪問する、グアテマラ大周遊の弊社オリジナルコースです。
    人気の古都アンティグア、パナハッチェル、ティカル遺跡も訪問します。

    ★本コースは、ティカル遺跡そばのホテルに宿泊します(2日目の遺跡入場券付き)。
  • 【インディヘナの市の開催日について】
    インディヘナの市(メルカド)の開かれる曜日は以下の通り、各村によって決まっています。
    日本出発日を決めていただく際の参考にしてください。
    ソロラ(パナハッチャル近郊):火曜日と金曜日日本出発は日曜日と水曜日
    トドスサントス・クチュマタン:土曜日と水曜日日本出発は火曜日と土曜日
    スニル(ケツァルテナンゴ近郊):月曜日と金曜日日本出発は水曜日と日曜日
    アルモロンガ(ケツァルテナンゴ近郊):水曜日と土曜日日本出発は金曜日と月曜日
    ※トドスサントス・クチュマタンの市は規模の大きい土曜日がお勧めです。(日本の出発は火曜日)
  • マム族が暮らすトドスサントス・クチュマタンは、グアテマラ最後の桃源郷とも呼ばれています。
    「クチュマタン」とはマム族のことば(マム語)で山脈を意味し、言葉通り山奥の秘境にある静かな村ですが、市が開かれる土曜日には大変活気のある町に一変します。今なお大人から子供まで昔ながらの民族衣装を着る伝統文化を守っており、特に男性の民族衣装が特徴的です。大きな刺繍襟の付いたストライプシャツに赤のストライプパンツをはき、青い手編みのバッグを肩にかけ、頭には青ひもベルトが付いた帽子(ソンブレロ)を被ります。また年に1回乗馬レースの祭りがあり、激しく疾走する姿はまるで西部劇に出てくるカウボーイのようにも見えるのがなんとも不思議です。
  • ケツァルテナンゴでは、スニル、アルモロンガ、サンアンドレスシェクルを訪問します
    スニルは山と川に囲まれた美しい町で、アルモロンガは女性の伝統的貫頭衣ウイピルが美しいことで有名です。スニル〜アルモロンガ間は温泉地としても有名で、日本の田舎町を想像させる風景が広がります。サンアンドレスシェクルでは他では見ることが出来ない、色鮮やかな黄色の教会を見学します。サンティアゴ・アティトランと同様にマシモン信仰が盛んです。
  • 古都アンティグア(世界遺産)では、コロニアル建築や石畳など植民地時代の美しい街並み風情を楽しむと同時に過去の度重なる地震で崩壊し廃墟化した教会施設なども見学します。時が止まったかのような独特の景観をご覧ください。
  • アティトラン湖畔の町パナハッチェルでは、インディヘナ(先住民)の町ソロラサンティアゴ・アティトランを訪問し、現代に生きるインディヘナの暮らしの様子を垣間見ます。
    ソロラはアティトラン湖を見下ろす高台にある街で、民族衣装に身を包んだ男性も多く見かけます。
  • マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(世界遺産)。居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒<アメリカ乗り継ぎ>⇒グアテマラシティ着⇒(車)アンティグア
午前また夜:成田発、<アメリカ乗り継ぎ>グアテマラシティへ
夜:グアテマラシティ着後、日本語ガイドがお出迎えし、専用車にてアンティグア
(ホテル着後に、翌日からのご旅行日程に関してのご説明をおこないます)
【アンティグア泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■アンティグア滞在
午前:〈世界遺産〉アンティグア市内観光 (★英語ガイド)
(○十字架の丘、○中央公園、○カテドラル(サンホセ大聖堂)、○メルセー教会、○サンフランシスコ教会など)
昼:ローカルレストランにて昼食
午後:フリータイム
(世界遺産に指定された美しい町並みお楽しみ下さい)
【アンティグア泊】/食事:朝○昼○夕× 
3 ■アンティグア⇒(車)ソロラ⇒(車)パナハッチャル
午前:専用車にて火山に囲まれた美しいアティトラン湖畔の町パナハッチェル
途中、パナハッチャルの手前にある高台の町ソロラ(Solola)に立ち寄ります。
(ソロラでは火曜日と金曜日に市が開催されます)
ソロラでは赤やピンクの民族衣装に身を包んだ男性も多く見かけます。
昼:ローカルレストランにて昼食
その後、アティトラン湖を見渡す展望台へ立ち寄りながらパナハッチャルへ
午後:パナハッチェル着後、フリータイム
(アティトラン湖畔の美しい風景を楽しみながら思い思いにお過ごしください)
【パナハッチャル泊】/食事:朝○昼○夕× 
4 ■パナハッチャル⇒(車)ウエウエテナンゴ
午前:パナハッチェル観光(★英語ガイド)
遊覧船にて湖畔のインディヘナ(先住民)の村サンティアゴ・アティトランを訪問します。
観光後、専用車にてウエウエテナンゴ(Huehuetenango)へ(約6時間)
(途中、ローカルレストランにて昼食)
夜:ウエウエテナンゴ着後、ホテルへ
【ウエウエテナンゴ泊】/食事:朝○昼○夕×
5 ■ウエウエテナンゴ⇒(車)トドス・サントス・クチュマタン⇒(車)ケツァルテナンゴ
午前:専用車にてトドスサントス・クチュマタン(Todos Santos Cuchumatan) へ(約3時間)
道中、カルスト台地や牧歌的な風景をお楽しみ下さい。
着後、トドスサントス・クチュマタンの町を見学します。
老若男女、民族衣装の着用率は高く、異世界に迷い込んだ錯覚を覚えるかもしれません。特に男性の赤に白のストライプがついたズボンの民族衣装は特徴的です。
(トドスサントス・クチュマタンでは土曜日と水曜日に市が開催されます。水曜日は小規模です)
昼:ローカルレストランで昼食
昼食後、専用車にてグアテマラ第二の都市ケツァルテナンゴ(Quetzaltenango)へ(約6時間)
夜:ケツァルテナンゴ(通称シェラ)着後、ホテルへ
【ケツァルテナンゴ泊】/食事:朝○昼○夕×
6 ■ケツァルテナンゴ⇒(車)スニル/アルモロンガ/サンアンドレスシェクル⇒(車)グアテマラシティ
この日は終日かけてグアテマラシティへ戻ります。
途中、スニル、アルモロンガ、サンアンドレスシェクルを訪問します。
午前:ケツァルテナンゴから専用車にてスニル(Zunil)へ(所要時間:約30分)
川沿いのこじんまりした町は日本の田舎町を想像させる風景です。アルモロンガ〜スニル間は温泉地で有名です。
(スニルでは月曜日と金曜日に市が開催されます)
その後、美しいウイピルで有名なアルモロンガ(Almolonga)へ(所要時間:約15分)
(アルモロンガでは水曜と土曜に野菜市が開催されます)
(途中、ローカルレストランにて昼食)
その後、サンアンドレス・シェクル(San Andres Xecul) へ(所要時間:約40分)
ここでは、色鮮やかな教会を見学します。明るい黄色に動物や天使が描かれている教会は他に例をみません。アティトラン湖周辺の村々と同様にここでもマシモン信仰が盛んで、マシモンを公開している家も見学します。
※マシモン信仰とは、マヤの古くからの信仰とカトリック信仰の習合のような独特な神様を祭った信仰

観光後、専用車にてグアテマラシティへ(所要時間:約4時間)
夜:グアテマラシティ着後、ホテルへ
【グアテマラシティー泊】/食事:朝○昼○夕× 
7 ■グアテマラシティ⇒(航空機)フローレス⇒(車)ティカル
早朝:専用車にてグアテマラシティ空港へ
朝:グアテマラシティ発<空路にて>フローレスへ
着後、混載車にてティカル国立公園
午前:〈世界遺産〉ティカル遺跡観光(★英語ガイド・混載)
(○グランプラザ、○1号から5号神殿、○失われた世界、○セントラル・アクロポリス、○7つの神殿の広場など)
(昼食は遺跡の中のレストランにて)
観光後、ティカル遺跡そばのホテルにお泊り頂きます(国立公園の敷地内)
※オプショナルツアー/ティカル遺跡にて夕日観賞ツアー
【ティカル泊】/食事:朝×昼○夕×
8 ■ティカル⇒(車)フローレス⇒(航空機)グアテマラシティ
※オプショナルツアー/ティカル遺跡にて朝日観賞ツアー
午前:〈世界遺産〉ティカル遺跡観光(ガイドなしの自由観光)
(前日に引き続き、ティカル遺跡を自由観光でお楽しみください。※遺跡入場券は含まれています
午後:混載車にてフローレス空港へ (15:00頃にスペイン語のドライバーがホテルにお迎えに参ります)
夕刻〜夜:フローレス発<空路にて>グアテマラシティへ
夜:グアテマラシティ着後、ホテルへ
【グアテマラシティ泊】/食事:朝○昼×夕×
9 ■グアテマラシティ発⇒ダラスまたはマイアミ着
早朝:専用車にて空港へ
午前:グアテマラシティ発、空路にてダラスまたはマイアミへ
午後:着後、お客様ご自身でホテルにチェックイン
【ダラスまたはマイアミ空港近郊泊】/食事:朝○昼×夕×
10 ■ダラスまたはマイアミ発⇒
午前:ダラスまたはマイアミ発、空路にて成田へ
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
11 ■成田着
午後〜夕刻:成田着
日程表の見方
スケジュールはこちら
■料金表
出発日 旅行代金(2018-2019年)
<毎日>発 アメリカン航空
成田発 11日間
出発日 火・金 月水木土日
10/01-12/19 \398,000 \408,000
12/20-26 \448,000 \458,000
12/27(木) ----- \508,000
12/28-29 \548,000 \558,000
12/30(日) ----- \508,000
12/31-1/09 \438,000 \448,000
1/10-3/31 \398,000 \408,000
     
一人参加追加代金 \133,000
一人部屋追加代金 \60,000
★燃油サーチャージ
(8/01現在)
\28,000
【OP】:日本語ガイド プラス\60,000(1団体に対して)

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。
  • 食事:朝食7回、昼食6回、夕食0回
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空(AA)
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    <アンティグア>
    ポサーダ・デ・ドン・ロドリゴ、ファーローラス、カルメン、エルマーノ・ペドロ
    <パナハッチェル>
    ポサーダ・デ・ドン・ロドリゴ、ランチョ・グランデ・イン、カシーケ・イン
    <ウエウエテナンゴ>
    プレミア、ルイナスリゾート
    <ケツァルテナンゴ>
    モデロ、ビジャ・レアルプラザ、ペンション・ボニファズ
    <グアテマラシティ>
    ストーフェジャ、クラウンプラザ
    <ティカル>
    ハグアル・イン(ジャガー・イン)Hotel Jaguar Inn)、ティカル・インTikal Inn
    <ダラス空港近郊>
    DFWエアポートホテル・アンド・カンファレンスセンター
    <マイアミ空港近郊>
    コンフォート・イン&スイーツ・マイアミ・エアポート

  • ガイドについて:
    ご到着時は日本語係員がお出迎えし翌日からのご旅行日程についてご説明します。 2日目以降は、英語プライベートガイド(ドライバー兼任)が担当しますが、ティカル遺跡観光のみ混載の英語ガイドがご案内します。
    注意)フローレス空港−ティカル国立公園間の送迎は、混載のスペイン語ドライバーのみとなります。
    【OP】日本語ガイドについて:グアテマラシティから一緒に国内線に同乗し、ティカル遺跡観光を日本語でご案内するサービスです(専用ガイド)。ティカル日帰り観光の場合は、 遺跡観光終了後ガイドと一緒にグアテマラシティへ戻ります。ティカル宿泊コースの場合は、ガイドはティカルに宿泊せずにお客様を残してグアテマラシティに戻ります。
  • ティカルに行かれる際は空港使用税として復路でUS$3.00現地払いとなります。
  • 7日目は早朝出発のため、朝食は機内食となります。
  • ティカル遺跡の観光について:1号から5号まで見学が可能です。修復工事等により予告なしにご覧いただけない場合もございますので予めご了承ください。 なお、現在、神殿登頂が可能なのは4号のみです。(2018年9月現在)
  • 3日目のアンティグアのホテルご出発から6日目のグアテマラシティーのホテルご到着までは英語のスルーガイドが同行します。
  • 【インディヘナの市の開催日について】
    インディヘナの市(メルカド)の開かれる曜日は以下の通り、各村によって決まっています。
    日本出発日を決めていただく際の参考にしてください。
    ソロラ(パナハッチャル近郊):火曜日と金曜日日本出発は日曜日と水曜日
    トドスサントス・クチュマタン:土曜日と水曜日日本出発は火曜日と土曜日
    スニル(ケツァルテナンゴ近郊):月曜日と金曜日日本出発は水曜日と日曜日
    アルモロンガ(ケツァルテナンゴ近郊):水曜日と土曜日日本出発は金曜日と月曜日
    ※トドスサントス・クチュマタンの市は規模の大きい土曜日がお勧めです。(日本の出発は火曜日)
  • 乗継ぎ時のご搭乗手続きはお客様ご自身にて行なっていただきます。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    また、ご利用いただく区間によっては、お預け手荷物費用が無料ではなく有料(現地払い)となる場合がございます。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • 【ティカル発/オプショナルツアーのご案内】/お一人様代金
    ●朝日観賞ツアー(混載・スペイン語による案内人が同行)/1名参加より:\7,000
    ※ティカルのホテルを早朝4:00頃出発/4号神殿に登頂(朝日観賞)/ホテルに6:00〜7:00頃帰着
    ●夕日観賞ツアー(混載・スペイン語による案内人が同行)/1名参加より:\7,000
    ※ティカルのホテルを夕刻16:00頃出発/4号神殿に登頂(夕日観賞)/ホテルに夜19:00頃帰着
  • 【ティカルのホテル・グレートアッププラン/追加代金】
    ジャングル・ロッジ(Jungle Lodge)/※トリプル不可です。(遺跡の入り口まで徒歩1分)
    2名参加の場合:\4,000 up /1名参加の場合:\6,000up (1泊お一人様あたり)
  • アメリカン航空(AA)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が土曜または日曜の場合、\10,000の追加代金が別途かかります。

  • 毎年恒例のホテル主催のクリスマスや新年を祝う「ガラディナー」が12/24(クリスマスイブ)と12/31(大晦日)にございます。この日に宿泊するすべてのお客様に特別なディナーが強制的にホテル側よりご用意される場合がございます。上記旅行代金には加算しておりませんが、別途ご案内いたしますので予めご了承ください。

トップへ戻る