ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

アエロメヒコ航空利用 ★マヤ先住民族の生活文化と古代マヤ文明の遺跡を訪ねる・中米3カ国歴訪の旅★
グアテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル3カ国周遊紀行 9日間
(グアテマラシティ・サンタアナ・リオオンド・アンティグア)
GUATEMALA004-AM


Previous
  • コパン遺跡/グランプラザ(大広場)にある18ウサギ王の姿を彫った石碑(ステラ)
  • キグリア遺跡/ステラや獣形祭壇のあるプラサ(藁葺きの屋根に守られている)
  • キグリア遺跡/獣形祭壇(巨石に異形の獣形文様やマヤ文字が彫刻)
  • コパン遺跡/碑文の階段
  • コパン遺跡/パワトゥーン神の巨大な頭部石造
  • ホヤ・デ・セレン遺跡/中米のポンペイと呼ばれるマヤ人の住居跡遺跡
  • タスマル遺跡/メキシコのテオティワカン遺跡と建築様式が酷似するマヤ遺跡
  • サンアンドレス遺跡/石碑にマヤ文字が見当たらず「謎のマヤ遺跡」ともいわれている
  • サンアンドレス遺跡/緑の草地に覆われている整備の行き届いたマヤ遺跡の公園
  • ティカル国立公園/6号まである神殿の中で最も美しい「T号神殿」
  • ティカル国立公園(T号神殿)
  • ティカル国立公園(W号神殿)
  • ティカル国立公園/テオティワカン建築の影響を受けた「失われた世界」
  • ティカル国立公園/遺跡の中で最も高い「W号神殿」の頂上からの眺め(高さ約70m)
  • ティカル国立公園/「W号神殿」の頂上からの眺め(朝焼けのシーン)
  • 古都アンティグア/町のシンボルでもある時計台とアグア山
  • 古都アンティグア/中央公園とカテドラル。背後にアグア山が見える
  • 古都アンティグア/十字架の丘から街とアグア山を臨む
  • 古都アンティグア/過去の大地震で崩壊した建物がそのまま残る博物館のような町
  • パナハッチェルの町とアティトラン湖/湖畔には先住民の町や村がある
  • パナハッチェル/アティトラン湖と湖畔の村に向かうフェリー乗り場
  • マヤの末裔といわれる先住民の美しい手織りのお土産(パナハッチェルにて)
Next

ツアーポイント

  • マヤ先住民族の生活や文化に触れ、世界遺産の街並み景観を楽しみ、中米3カ国に点在するマヤ文明の遺跡めぐりを満喫するコースです。 グアテマラでは、4大観光地(ティカル遺跡、キリグア遺跡、パナハッチェル、アンティグア)、ホンジュラスでは、世界遺産でもある美しい石碑(ステラ)で有名な「コパン遺跡」、エルサルバドルでは、歴史的価値の高いマヤ3大遺跡(タスマル遺跡・サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡)を訪問します。
  • エルサルバドルのマヤ3大遺跡「タスマル遺跡、サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡」を訪問します。 メキシコのテオティワカン建築様式に酷似する遺跡や噴火した火山灰がマヤ人住居を当時の姿のまま保存したとされる中米のポンペイのような遺跡などを訪問します。
  • <コパン遺跡とキリグア遺跡について>
    コパンは5世紀〜9世紀にかけて栄えた有力なマヤの大都市で、13代の「18ウサギ王(在位 695-738年)」のころが最盛期といわれています。738年に長年コパンの支配下にあった小都市キリグアの下剋上に遭い、18ウサギ王は落命しコパン王朝は没落に向かうことになります(800年の半ばに滅亡)。
    マヤ遺跡には王の姿や事績を刻んだ石の彫刻やモニュメントがたくさんありますが、その多くは石板に浅浮き彫りを施したタイプで、一方コパンの石碑は巨大な石柱を丸彫りした高浮き彫りであるところに特徴があります。 また、キリグアはコパンに勝利した後、カック・ティリウ王(カワク空王)が都市を拡大整備して数多くの石碑を作らせました。キリグア遺跡の特徴は、マヤ遺跡最大の石碑「ステラE」をはじめ、巨大で彫刻の質の高い石碑が数多く残っているところです。このような石碑(ステラ)が数多く残る両遺跡は、数あるマヤ遺跡の中でも他に例がなく非常に稀有な存在だと言えます。
  • マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(世界遺産)。居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)
  • 断崖と3つの火山に囲まれた美しいアティトラン湖畔の町パナハッチェルでは、インディヘナ(先住民)の村を3箇所訪問します(サンティアゴ・アティトラン、サンファン・ラ・ラグーナ、サンタ・カタリーナ・パロポ)。町にはウィピルを着た先住民であふれ、非日常体験をお楽しみください。
  • 古都アンティグア(世界遺産)では、コロニアル建築や石畳など植民地時代の美しい街並み風情を楽しむと同時に過去の度重なる地震で崩壊し廃墟化した教会施設なども見学します。時が止まったかのような独特の景観をご覧ください。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒<メキシコシティ乗り継ぎ>⇒グアテマラシティ着
午後:成田15:25発、空路にて<メキシコシティ乗り継ぎ>グアテマラシティへ
夜:グアテマラシティ18:05着後、日本語ガイドがお出迎えしホテルへ
【グアテマラシティ泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■グアテマラシティ⇒(車)チナマス⇒(車)サンタアナ
午前:専用車にて サンタアナ(エルサルバドル)
途中、◎タスマル遺跡、◎サンアンドレス遺跡◎〈世界遺産〉ホヤ・デ・セレン遺跡を順に観光します。
【エルサルバドルのマヤ3大遺跡
タスマル遺跡」は、チャルチュアパ文化を構成するマヤ遺跡のひとつでメキシコのテオティワカン遺跡と建築様式が酷似しているのが特徴 (BC12世紀頃〜AD6世紀頃)。「サンアンドレス遺跡」は、マヤ文明を起源としつつも石碑にはマヤ文字(神聖文字)が刻まれていないため、 マヤ文明の先代であるトルテカ文明の影響を受けている可能性もある”謎のマヤ遺跡”です。「ホヤ・デ・セレン遺跡」は、マヤ古典期前期の遺跡で火山灰層から発掘されたことから”中米のポンペイ”と呼ばれているマヤ人の居住跡遺跡。
※注意:エルサルバドルの遺跡は「月曜」のみ閉館となります。
★2日目が月曜の場合は、5日目のティカル遺跡観光を先に行う日程に入れ替えてご案内します。
【サンタアナ泊】/食事:朝○昼○夕×
3 ■サンタアナ⇒(車)コパン遺跡⇒(車)リオ・オンド
早朝:専用車にて コパン遺跡(ホンジュラス)へ (所要時間:約5時間)
途中、リオオンドのホテルにて朝食
午前:〈世界遺産〉コパン遺跡観光 (ホンジュラス側の★英語ガイドが対応)
(グランプラザにある石碑群(18ウサギ王のステラ等)、神聖文字の階段(碑文の階段)、歴代16人の王が彫られた祭壇(アルターQ)など)
午後:コパンの村で昼食後、専用車にてリオオンドへ (所要時間:約1時間45分)
夕刻:リオオンド着後、ホテルへ
【リオ・オンド泊】/食事:朝○昼○夕×
4 ■リオ・オンド⇒(車)キリグア遺跡⇒(車)グアテマラシティ
午前:専用車にて キリグア遺跡へ (所要時間:約1時間15分)
午前:〈世界遺産〉キリグア遺跡観光(★英語ガイド)
(グランプラザにある石碑群(マヤ最大の11mの巨大石碑ステラE等)、獣形祭壇(アルターP)など)
昼:ローカルレストランにて昼食
午後:専用車にてグアテマラシティへ (所要時間:約3時間半)
夕刻:グアテマラシティ着後、ホテルへ
【グアテマラシティ泊】/食事:朝○昼○夕×
5 ■グアテマラシティ⇒(航空機)フローレス⇒(航空機)グアテマラシティ
朝:グアテマラシティ発<空路にて>フローレスへ
着後、混載車にてティカル国立公園
午前:〈世界遺産〉ティカル遺跡観光(★英語ガイド・混載)
(○グランプラザ、○1号から5号神殿、○失われた世界、○セントラル・アクロポリス、○7つの神殿の広場など)
(昼食は遺跡の中のレストランにて)
午後:混載車にてフローレス空港へ (15:00頃にスペイン語のドライバーがホテルにお迎えに参ります)
夕刻〜夜:フローレス発<空路にて>グアテマラシティへ
夜:グアテマラシティ着後、ホテルへ
【グアテマラシティ泊】/食事:朝×昼○夕×                          
6 ■グアテマラシティ⇒(車)パナハッチェル ⇒(車)アンティグア
午前:専用車にて火山に囲まれた美しいアティトラン湖畔の町パナハッチェルへ(所要時間:約3時間半)
昼:パナハッチェル着後、ローカルレストランにて昼食
午後:パナハッチェル観光(★英語ガイド)
アティトラン湖畔のインディヘナ(先住民)の村へご案内します(3箇所訪問)
南側にある最大の村サンティアゴ・アティトラン(刺繍が有名)と西側の小さな村サンファン・ラ・ラグーナへはボートで訪問し、パナハッチェルに程近いサンタ・カタリーナ・パロポ(青紫の織物が有名)へは車で訪問します。
観光後、専用車にてコロニアルな街並みが美しい古都アンティグアへ(所要時間:約2時間半)
夕刻:アンティグア着
【アンティグア泊】/食事:朝○昼○夕×
7 ■アンティグア⇒(車)グアテマラシティ発⇒<メキシコシティ乗り継ぎ>
午前:〈世界遺産〉アンティグア市内観光 (★英語ガイド)
(○十字架の丘、○中央公園、○カテドラル(サンホセ大聖堂)、○メルセー教会、○サンフランシスコ教会など)
昼:ローカルレストランにて昼食
昼食後、出発時間までフリータイム
(古都アンティグアの町を思い思いにお過ごしください)
午後:専用車にてグアテマラシティの空港へ
夜:グアテマラシティ19:00発、空路にてメキシコシティへ
夜:メキシコシティ着後、お客様ご自身でお乗換え
深夜:メキシコシティ24:30発、空路にて成田へ
【機中泊】/食事:朝○昼〇夕×
8 ■メキシコシティ発⇒

【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
9 ■成田着
午前:成田着
日程表の見方
スケジュールはこちら
■料金表
出発日 旅行代金(2018-2019年)
<毎日>発 アエロメヒコ航空
成田発 9日間
出発日 月火水木金 土・日
10/01-31 \368,000 \378,000
11/01-12/20 \368,000 \378,000
12/21-26 \398,000 \408,000
12/27-30 \448,000 \458,000
12/31-2/28 \368,000 \378,000
3/01-15 \368,000 \378,000
3/16-19 \388,000 \398,000
3/20-31 \368,000 \378,000
     
一人参加追加代金 \118,000
一人部屋追加代金 \45,000
★燃油サーチャージ
(8/01現在)
\28,000
【OP】:日本語ガイド プラス\60,000(1団体に対して)

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。
  • 食事:朝食5回、昼食6回、夕食0回
  • 利用予定航空会社:アエロメヒコ航空(AM)
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    <グアテマラシティ>
    ストーフェジャ、クラウンプラザ
    <サンタアナ>
    サハラ、トルテカ・プラザ
    <リオ・オンド>
    ロンガローネ
    <アンティグア>
    ポサーダ・デ・ドン・ロドリゴ、ファーローラス、カルメン、エルマーノ・ペドロ

  • ガイドについて:
    ご到着時は日本語係員がお出迎えし翌日からのご旅行日程についてご説明します。 2日目以降は、英語プライベートガイド(ドライバー兼任)が担当しますが、ティカル遺跡観光のみ混載の英語ガイドがご案内します。
    注意)フローレス空港−ティカル国立公園間の送迎は、混載のスペイン語ドライバーのみとなります。
    【OP】日本語ガイドについて:グアテマラシティから一緒に国内線に同乗し、ティカル遺跡観光を日本語でご案内するサービスです(専用ガイド)。ティカル日帰り観光の場合は、 遺跡観光終了後ガイドと一緒にグアテマラシティへ戻ります。ティカル宿泊コースの場合は、ガイドはティカルに宿泊せずにお客様を残してグアテマラシティに戻ります。
  • ティカルに行かれる際は空港使用税として復路でUS$3.00現地払いとなります。
  • 5日目は早朝出発のため、朝食は機内食となります。
  • ティカル遺跡の観光について:1号から5号まで見学が可能です。修復工事等により予告なしにご覧いただけない場合もございますので予めご了承ください。 なお、現在、神殿登頂が可能なのは4号のみです。(2018年9月現在)
  • エルサルバドルの遺跡は月曜日が閉館となるため、2日目が月曜日にあたる出発の場合は、5日目のティカル遺跡観光の日程を繰り上げて先にご案内しますので予めご了承ください。
  • 乗継ぎ時のご搭乗手続きはお客様ご自身にて行なっていただきます。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    また、ご利用いただく区間によっては、お預け手荷物費用が無料ではなく有料(現地払い)となる場合がございます。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • アメリカン航空(AA)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が土曜または日曜の場合、\10,000の追加代金が別途かかります。

  • 毎年恒例のホテル主催のクリスマスや新年を祝う「ガラディナー」が12/24(クリスマスイブ)と12/31(大晦日)にございます。この日に宿泊するすべてのお客様に特別なディナーが強制的にホテル側よりご用意される場合がございます。上記旅行代金には加算しておりませんが、別途ご案内いたしますので予めご了承ください。

トップへ戻る