ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

<3つの世界遺産をめぐる>
エチオピア感動紀行<歴史探訪編>8日間
(アクスム・ラリベラ・ゴンダール・バハルダール) エミレーツ航空利用
ETHIOPIA008


Previous
  • ラリベラの岩窟教会群/聖ゲオルギス教会
  • ラリベラの岩窟教会群/聖ゲオルギス教会
  • ラリベラの岩窟教会群/聖ゲオルギス教会
  • アクスムの風景/謎の巨大な石柱(世界最大級の一枚岩)
  • アクスムの風景/謎の巨大な石柱(世界最大級の一枚岩)
  • アクスムの風景/謎の巨大な石柱(世界最大級の一枚岩)
  • アクスムの(新)シオンの聖マリア教会
  • アクスムの(新)シオンの聖マリア教会
  • アクスムの(新)シオンの聖マリア教会
  • アクスムの(新)シオンの聖マリア教会
  • アクスムの(新)シオンの聖マリア教会/アーク(聖櫃)伝説が残る
  • アクスムの風景
  • アクスムの風景
  • ゴンダールの不思議の城
  • ゴンダールの不思議の城
  • ゴンダールの不思議の城/結婚式の様子
  • ゴンダールの不思議の城/エチオピア人の女性たち
  • ゴンダールのデブレ・ベルハン・セラシー教会
  • ゴンダールのデブレ・ベルハン・セラシー教会
  • ゴンダールのデブレ・ベルハン・セラシー教会
  • ゴンダールのデブレ・ベルハン・セラシー教会
  • バハルダールのティシサットの滝(青ナイルの滝)
  • バハルダールのティシサットの滝(青ナイルの滝)
  • バハルダールの風景/コーヒーの木
  • バハルダールの風景/タナ湖ボート遊覧
  • バハルダールの風景/タナ湖ボート遊覧
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールのウラ・キダネ・ミフレット教会
  • バハルダールの風景/タナ湖に沈む夕日
  • アジスアベバの聖ゲオルギス教会
  • アジスアベバの聖ゲオルギス教会
  • アジスアベバの聖ゲオルギス教会
  • アジスアベバの聖ゲオルギス教会
  • アジスアベバのマルカート(市場)
  • アジスアベバのマルカート(市場)
  • エチオピアの国内線の機材/北部エチオピアの移動で利用
  • エチオピアの国民食/インジェラ(酸味のあるクレープ状の生地
  • ホテルの朝食
  • エチオピアコーヒー
Next

ツアーポイント

  • 歴史的建造物が多く残る北部エチオピアの見どころを合計3つの世界遺産を中心に観光する充実のおすすめのコースです。
  • 旅の最初はアジスアベバを観光。翌日はシバ女王のゆかりの地「アクスム」へ。巨大で謎めいたオベリスクの数々、失われたアーク(聖櫃)が秘蔵されているとうわさされる聖マリア教会などを観光いたします。続いて旅のハイライト、イスラエルの都エルサレムを模したとされる「ラリベラ」で、点在する11の岩窟教会群を観光いたします。旅の後半は、世界遺産の古都「ゴンダール」でヨーロッパ中世を思わす奇妙なお城の数々をご覧いただき、最後は、ナイル川の源流・タナ湖の町「バハルダール」に滞在。美しいフレスコ画で有名な修道院やタナ湖でのボート遊覧をお楽しみいただきます。魅力たっぷりの北部エチオピア周遊の8日間です。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発/羽田発/関空発⇒
夜:成田21:20〜22:00
深夜:羽田24:30
深夜:関空23:40
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■⇒<ドバイ乗り継ぎ>⇒アジスアベバ着
早朝:ドバイ着後、乗り継いでアジスアベバへ
午後:アジスアベバ13:30着後、現地ガイドがお出迎えし、アジスアベバ市内観光へご案内します。
(◎聖ギオルギス教会、◎民俗学博物館、巨大な○マルカート市場)
夜:民族音楽・舞踊を鑑賞しながらのエチオピア料理の夕食(コーヒーセレモニー付き)
【アジスアベバ泊】/食事:朝×昼X夕○ 
3 ■アジスアベバ⇒(航空機)アクスム
午前:アジスアベバ09:00発<空路にて>アクスム10:30
終日:〈世界遺産〉アクスム観光
(謎の巨大な石柱(世界最大級の一枚岩)、シバの女王の○王宮跡、モーゼが受けた「十戒」を刻んだ石版を収めたアーク(聖櫃)が秘蔵されているといわれる○シオンの聖マリア教会、◎カレブ王の地下墳墓など)
※昼食は観光の途中にロ−カルレストランまたはホテルにて
夜:ホテルにて夕食
【アクスム泊】/食事:朝○昼○夕○ 
4 ■アクスム⇒(航空機)ラリベラ
午前:アクスム11:15発<空路にて>ラリベラ11:55
午後:〈世界遺産〉ラリベラ岩窟教会群観光
ヨルダン川を境に第一教会群(正十字架形の◎聖ゲルギウス教会や最も大きい◎メドハネ・アレム教会など)と第二教会群(◎聖ガブリエル・ラファエル教会や最も美しい○聖エマヌエル教会など)に分かれた11の岩窟教会を観光します。
※昼食は観光の途中にロ−カルレストランまたはホテルにて
夜:ホテルにて夕食
【ラリベラ泊】/食事:朝○昼○夕○ 
5 ■ラリベラ⇒(航空機)ゴンダール
午前:〈世界遺産〉ラリベラ岩窟教会群観光
前日に引き続き、〈世界遺産〉ラリベラ岩窟教会群観光
午後:ラリベラ12:15発<空路にて>ゴンダール12:45
午後:〈世界遺産〉古都ゴンダール観光
(ユニークな黒人の天使たちの天井壁画で有名な◎デブレ・ベルハン・セラシー教会やゴンダール王朝歴代の王たちの○不思議な城や◎ファシリダス王の宮殿など)
※昼食は観光の途中にロ−カルレストランまたはホテルにて
夜:ホテルにて夕食
【ゴンダール泊】/食事:朝○昼○夕○ 
6 ■ゴンダール⇒(車:約185km)バハルダール
早朝:専用車にてバハルダールへ
午前:バハルダール郊外観光ナイル川の源流から流れ出る○ティシサットの滝(青ナイルの滝))
午後:タナ湖ボート遊覧観光
(ゼギ半島にある美しいフレスコ画で有名な◎ウラ・キダネ・ミフレット修道院)

※昼食は観光の途中にロ−カルレストランまたはホテルにて
夜:ホテルにて夕食
【バハルダール泊】/食事:朝○昼○夕○ 
7 ■バハルダール⇒(航空機)アジスアベバ発⇒<ドバイ乗り継ぎ>⇒
午前:バハルダール09:20発<空路にて>アジスアベバ10:20
着後、国際線に乗り換え、
夕刻:アジスアベバ16:10発、空路にてドバイへ
夜:ドバイ着******************ドバイ滞在の帰国延長も承ります(別途料金)****************
【機中泊】/食事:朝○昼×夕×
8 ■ドバイ発⇒成田着/羽田着/関空着
深夜:ドバイ02:50発、夕刻:成田17:25
午前:ドバイ08:15発、深夜:羽田23:00
深夜:ドバイ03:00発、夕刻:関空17:10
日程表の見方
スケジュールはこちら
■料金表
2017-18年 出発日 旅行代金
成田発着 エミレーツ航空
<毎日>発 月火水木 金土日
8/12-9/16 \398,000 \403,000
9/17-10/22 \378,000 \383,000
10/23-31 \368,000 \373,000
11/1-12/21 \358,000 \368,000
12/22-27 \378,000 \388,000
12/28-30 \438,000 \448,000
12/31-3/31 \358,000 \368,000
一人参加追加代金 \78,000 \78,000
★燃油サーチャージ
(8/01現在)
\0

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は、一人参加追加代金を加算してください。
  • 食事:朝食5回、昼食4回、夕食5回
  • 利用予定航空会社:エミレ−ツ航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    <アジスアベバ>
    ギオン
    <アクスム>
    イエハ
    <ラリベラ>
    マウンテンビュー
    <ゴンダール>
    ゴハ
    <バハルダール>
    サマーランド

  • エチオピア査証が必要です。詳細はお問い合わせください。
    ※エチオピア査証申請について(大使館サイト情報はこちらから>)
  • 全行程におけるガイドは、英語ガイドまたは英語ドライバ−となります。
  • エチオピア滞在中の車での移動の際は、全て専用車(プライベートカー)をご利用いただけます。
  • エチオピア国内線運行スケジュールは非常に流動的であり、旅行の順序を変更あるいは、観光内容を調整してご案内させていただく場合もございます。
  • フライトの時刻や所要時間などは予告なしに変更となる場合がありますので予めご了承ください。
  • 乗継ぎ地での搭乗手続きはお客様ご自身で行っていただきます。
  • 空港税、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。詳しくは弊社担当者よりご説明します。
  • エミレーツ航空(EK)ご利用の場合>
    減延泊して日本到着が土曜または日曜の場合、\5,000の追加代金が別途かかります

  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、
    訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。
    (2014年8月現在)
    ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る