ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-35396368

エミレーツ航空利用 ★古代エジプト文明遺跡を満喫★
幻の都タニス遺跡と巨大地下回廊セラペウムも見学する!
=ネフェルタリ王妃の墓とアスワン・アブシンベル・デンデラ&アビドスを巡る=
エジプト大周遊 10日間
(カイロ・ルクソール・アブシンベル)
EGYPT022


Previous
  • セラペウム/聖牛アピスの巨大な石棺
    セラペウム/聖牛アピスの巨大な石棺(石材は固い花崗岩を使用し見事に研磨)
  • セラペウムの地下回廊/奥に巨大な石棺が見える
    セラペウムの広大な地下回廊の様子/奥に巨大な石棺が見える
  • セラペウム/聖牛アピスの巨大な石棺
    セラペウム/聖牛アピスの巨大な石棺(高さはなんと3mを超える)
  • セティ1世葬祭殿(アビドス)
    セティ1世葬祭殿(アビドス)/正面
  • セティ1世葬祭殿(アビドス)/美しいレリーフ
    セティ1世葬祭殿(アビドス)/美しいレリーフ
  • セティ1世葬祭殿(アビドス)/ペリコプターにみえるヒエログリフ
    セティ1世葬祭殿(アビドス)/ペリコプターにみえるヒエログリフ
  • 巨大な石柱が見事なオシレイオン/オシリス神の祭祀神殿跡
    巨大な石柱が見事なオシレイオン/オシリス神の祭祀神殿跡
  • ハトホル神殿(デンデラ)
    ハトホル神殿(デンデラ)/正面
  • ハトホル神殿(デンデラ)/美しい石柱と天井壁画
    ハトホル神殿(デンデラ)/美しい石柱と天井壁画
  • ハトホル神殿(デンデラ)/謎のレリーフ「デンデラの電球」
    ハトホル神殿(デンデラ)/謎のレリーフ「デンデラの電球」
  • タニス遺跡/巨大な彫像がそこかしこに倒れている
    タニス遺跡/巨大な彫像がそこかしこに倒れている
  • ホルス神殿(エドフ)/高さ36mの巨大な塔門
    ホルス神殿(エドフ)/高さ36mの巨大な塔門
  • ホルス神殿(エドフ)/至聖所の中の聖なる船
    ホルス神殿(エドフ)/至聖所の中の聖なる船
  • ホルス神殿(エドフ)/観光客に人気のハヤブサの神ホルス像
    ホルス神殿(エドフ)/観光客に人気のハヤブサの神ホルス像
  • コムオンボ神殿(コムオンボ)
    コムオンボ神殿(コムオンボ)
  • コムオンボ神殿(コムオンボ)/壁面の美しいレリーフ
    コムオンボ神殿(コムオンボ)/壁面の美しいレリーフ
  • コムオンボ神殿(コムオンボ)/列柱の美しいレリーフ
    コムオンボ神殿(コムオンボ)/列柱の美しいレリーフ
  • カフラー王のピラミッドとスフィンクス
    カフラー王のピラミッドとスフィンクス
  • ギザの3大ピラミッド
    ギザの3大ピラミッド
  • カイロの国立考古学博物館
    カイロの国立考古学博物館
  • ギザの太陽の船博物館
    ギザの太陽の船博物館
  • カイロの街並み
    カイロの街並み
  • ラムセス2世の巨像(メンフィス博物館)
    ラムセス2世の巨像(メンフィス博物館)
  • サッカラのジェセル王の階段ピラミッド
    サッカラのジェセル王の階段ピラミッド
  • ダハシュールのスネフェル王の屈折ピラミッド
    ダハシュールのスネフェル王の屈折ピラミッド
  • ダハシュールの黒のピラミッド/崩れる危険があるため遠景観賞
    ダハシュールの黒のピラミッド/崩れる危険があるため遠景観賞
  • ルクソールのメムノンの巨像
    ルクソールのメムノンの巨像
  • ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿
    ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿
  • ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿
    ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿
  • ルクソールのルクソール神殿
    ルクソールのルクソール神殿
  • ルクソールのカルナック神殿
    ルクソールのカルナック神殿
  • ルクソールのカルナック神殿/珍しい羊顔のスフィンクス
    ルクソールのカルナック神殿/珍しい羊顔のスフィンクス
  • アブシンベルのラムセス2世大神殿(内部)
    アブシンベルのラムセス2世大神殿(内部)
  • アブシンベルのラムセス2世大神殿(内部)
    アブシンベルのラムセス2世大神殿(内部)
  • アブシンベルのラムセス2世大神殿
    アブシンベルのラムセス2世大神殿
  • アブシンベルの小神殿
    アブシンベルの小神殿
  • アブシンベルの小神殿(内部)
    アブシンベルの小神殿(内部)
  • アブシンベルのラムセス2世大神殿(音と光のショー)
    アブシンベルのラムセス2世大神殿
  • アスワンの風景/ファルーカ(帆掛け舟)/エジプトはナイルの賜物
    アスワンの風景/ファルーカ(帆掛け舟)/エジプトはナイルの賜物
  • アスワンの切りかけのオベリスク
    アスワンの切りかけのオベリスク
  • アスワンのフィラエ島のイシス神殿
    アスワンのフィラエ島のイシス神殿
  • アスワンのフィラエ島のイシス神殿
    アスワンのフィラエ島のイシス神殿
  • アスワンのフィラエ島のイシス神殿のレリーフ
    アスワンのフィラエ島のイシス神殿のレリーフ
  • アスワンのフィラエ島のイシス神殿のレリーフ
    アスワンのフィラエ島のイシス神殿のレリーフ
Next

ツアーポイント

    日本語ガイドがご案内する古代エジプト文明の足跡をたどる遺跡満喫コースです。

  • 本コースは、カイロ、ギザ、ルクソール、デンデラ・アビドスからエドフ・コムオンボ、アスワン、アブシンベルとエジプト観光の代表的観光地をしっかりと訪問するコースです。 また他コースでは通常訪問しない「ラムセス2世の幻の都ピラメセスでは?」と学界を騒がせた「タニス遺跡」やサッカラの聖牛アピスの墓といわれる広大な地下回廊「セラペウム」も見学します。 古代エジプト文明の遺跡観賞をさらに深堀りした歴史ファンにお勧めのユニークなコースです。
  • 《エジプト観光のポイント》
    ◎ギザ観光では、クフ王の「ピラミッド内部」と「太陽の船博物館」も見学します。
    ◎ギザ郊外の観光では、メンフィス・サッカラ・ダハシュールを訪問します。サッカラでは「ジェセル王の階段ピラミッド」だけでなく、 「セラペウム」「イムホテプ博物館」「ウナス王のピラミッド(内部)」も見学します。
    ◎カイロ観光では、オールドカイロ(コプト教地区)とイスラム地区の両方を訪問します。
    ◎ルクソ-ルの王家の谷では、色鮮やかな「ラムセス6世の墓」にも入場します。
    ◎ルクソ-ルの王妃の谷では、1日150人限定の「ネフェルタリ王妃の墓」にも入場します。
    ◎彩色壁画で有名なデンデラとアビドスを終日観光します。(ハトホル神殿、セティ1世葬祭殿他)
    ◎クルーズコース以外では通常訪問しないエドフ&コムオンボの「ホルス神殿とコムオンボ神殿」を訪問します。
    ◎アブシンベルに宿泊しますので翌朝は神殿前の日の出観賞もお楽しみください。
  • ■セラペウムについて
    サッカラのピラミッド複合体の少し外れにあります。広大な地下回廊になっており、聖牛アピスのお墓といわれています。石棺は約30個あり、あまりに巨大(長さ約4m/高さ約3m強)で固い花崗岩を精巧にカッティングして造られています。蓋だけでも約30トンもあり、完全密封されている点などおよそ牛の棺桶にしてはあまりに造りが完璧にできすぎているため、別の目的をもって造られたという説が有力です。ちなみ牛のミイラは発見されていません。
  • ■イムホテプについて
    イムホテプはエジプト史上初のピラミッド建設を指揮した人物で第3王朝のジェセル王の宰相としてかなり重宝された人物です。出身はメソポタミアといわれていますが、おそらく歴史上の謎とされる高度文明を開花させたシュメール人説が有力といわれています。その彼の博物館を本コースでは入場観光します。
  • 【企画者コメント】
    考古学界の定説(世の常識)と「真実」が異なることはままあることで、近年になってギザの大ピラミッド=王の墓説というのは、様々な学者によって否定されはじめています。 スフィンクスはピラミッド建造のはるか前に造られた説、サッカラのセラペウムは聖牛アピスの墓ではない説、ジェセル王の天才宰相イムホテプはシュメール人説、古代エジプトにはすでに電気があった説(デンデラの電球)、 オシレイオンはセティ1世葬祭殿よりもはるか昔に作られた説、などなど枚挙にいとまがありません。
    そんな小ネタ情報をもとに本コースを楽しんでみてはいかがでしょうか?
渡航情報(危険情報)/外務省情報各国の情報ページ(見どころ)各国ツアー情報
料金表はこちら
■日程表
1 ■成田発/関空発⇒
深夜:成田23:00
深夜:関空23:30
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■⇒<ドバイ乗り継ぎ>⇒カイロ着
早朝:ドバイ着後、乗り継いでカイロへ
午前:カイロ10:25着後、現地係員がお出迎えし観光へ
午後:〈世界遺産〉カイロ市内観光
◎エジプト考古学博物館とカイロの街全景を見下ろす高台に位置する◎モハメッド・アリ・モスクを訪問します。
観光後、ホテルへ
【カイロ泊】/食事:朝×昼×夕×
3 ■カイロ⇒(車)タニス⇒(車)カイロ
終日:タニス遺跡観光
朝:専用車にてタニスへ(所要時間:約3時間弱)
アメン大神殿の遺構、倒壊した数々のオベリスクや巨大な彫像、列柱の残骸などを見学します。
(昼食はローカルレストランにて、またはボックスランチ)
タニス(Tanis・現在名はサンエルハガル)は、エジプト第20王朝末期に建設され、続くエジプト第21王朝では上エジプトの首都となり、在位期間が最も長いプスセンネス1世(46年間)の頃に繁栄しました。アメン神に捧げられた大神殿などの多くの神殿と第3中間期の王家のネクロポリスの遺跡があります。エジプト考古学界では長い間ここが伝説のピラメセス(ラムセス2世の幻の都)だと考えられていましたが、第21王朝と第22王朝のファラオの未盗掘の墓が次々と発見されたことでここが間違いなくタニスであることが判明しました。(タニスの様々な神殿建設にはラムセス朝時代の都ピラメセスの建材が大量に使われたことが初期の誤解の原因といわれています) 観光後、専用車にてカイロへ
【カイロ泊】/食事:朝○昼○夕×
4 ■カイロ⇒(航空機)ルクソール
終日:〈世界遺産〉メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光
メンフィスでは、◎メンフィス博物館(アラバスター製のスフィンクスとラムセス2世の巨像)
サッカラでは、ジェセル王の階段ピラミッド、◎セラペウム、◎ウナス王のピラミッド、◎イムホテプ博物館
ダハシュールでは、スネフェル王の赤のピラミッドと屈折ピラミッド黒のピラミッド(遠景観賞)

※ウナス王のピラミッドは2016年に20年ぶりに入場観光が可能になりました。内部では王の来世での復活再生を保証する呪文(ピラミッドテキスト)がご覧いただけます。
(観光の途中、ローカルレストランにて昼食)
観光後、ローカルレストランにて夕食、その後、専用車にて空港へ
夜:カイロ発<空路にて>ルクソールへ
着後、専用車にてホテルへ
【ルクソール泊】/食事:朝○昼○夕○
5 ■ルクソ-ル滞在
午前:〈世界遺産〉ルクソール西岸遺跡観光
(◎王妃の谷(★ネフェルタリ王妃の墓)、メムノンの巨像、◎ハトシェプスト女王葬祭殿、◎王家の谷(★ツタンカーメン王墓+★ラムセス6世の墓+他の王墓入場)
午後:〈世界遺産〉ルクソール東岸遺跡観光(◎カルナック神殿、◎ルクソ-ル神殿)
観光後、ホテルへ
※オプショナルツアー/カルナック神殿の音と光のショー
【カイロ泊】/食事:朝○昼○夕×
6 ■ルクソ-ル⇒(車)デンデラ・アビドス⇒(車)ルクソール
終日:デンデラとアビドス観光
デンデラでは、クレオパトラのレリーフや天井まで続く美しいレリーフが残る◎ハトホル神殿を見学します。
謎の電球とフィラメントのレリーフ(デンデラの電球)は神殿の地下室にあります。
アビドスでは、見事な彩色壁画の残る◎セティ1世葬祭殿とラムセス2世神殿、オシレイオンを見学します。
歴代王の王名表(カルトゥーシュ一覧)や話題のヘリコプターに見えるヒエログリフなど探してみてください。
※オシレイオンはオシリス神の祭祀神殿跡ともいわれます。なお、水に浸った神殿内部の見学はできません。

着後、専用車にてホテルへ
【ルクソール泊】/食事:朝○昼○夕×
7 ■ルクソ-ル⇒(車)アスワン⇒(車)アブシンベル
午前:専用車にてアスワンへ
途中、ナイル川の沿岸にあるエドフとコムオンボ観光をします。
西岸にあるエドフでは、巨大な塔門がひときわ目立つ◎ホルス神殿を見学します。
神殿はきわめて保存状態がよく、至聖所や列柱室、回廊の壁面などでは微細で美しいレリーフをご覧いただけます。
東岸にあるコムオンボでは、川に突き出た丘の上に建つ◎コムオンボ神殿を見学します。
ホルス神とセベク神(ワニの神)の2つの神を祀る神殿で、入口も通路も至聖所も2つある左右対称の2重構造になっている珍しい神殿です。保存状態の良いレリーフやクレオパトラに関連したものが多く残っています。

アスワン着後、専用車にてアブシンベルへ
※オプショナルツアー/アブシンベル神殿の音と光のショー
【アブシンベル泊】/食事:朝○昼○夕×
8 ■アブシンベル⇒(車)アスワン⇒(航空機)カイロ
早朝~朝:〈世界遺産〉アブシンベル神殿観光
(◎ラムセス2世の大神殿、◎王妃ネフェルタリの小神殿)
※天候に恵まれれば、朝日を浴びたアブシンベル神殿をご覧いただけます
その後ホテルで朝食をとり、専用車にてアスワンへ
午後:アスワン観光
〈世界遺産〉イシス神殿、◎未完成のオベリスク、ファル-カ(帆掛け船)にてナイル川遊覧)
夕刻:アスワン発<空路にて>カイロへ
夜:カイロ着後、専用車にてホテルへ
【カイロ泊】/食事:朝○昼○夕×
9 ■カイロ滞在
午前:〈世界遺産〉ギザの3大ピラミッドと大スフィンクス・河岸神殿観光
◎クフ王(★ピラミッド内部見学と★太陽の船博物館見学)、カフラー王、メンカウラー王の3大ピラミッド、大スフィンクス、河岸神殿、3つのピラミッドがよく見えるビューポイントへご案内します)
午後:〈世界遺産〉カイロ市内観光
オールドカイロ(コプト教地区)とイスラム地区を散策
オールドカイロでは、◎エルムアッカラ教会、◎聖セルギウス教会、イスラム地区では、エジプト最大の市場ハンハリーリなどを訪問します。
(昼食はローカルレストランにて、またはボックスランチ)
観光後、専用車にて空港へ
夜:カイロ19:20発 空路にてドバイへ  
夜:ドバイ着
******************ドバイ滞在の帰国延長も承ります(別途料金)****************
【機中泊】/食事:朝○昼○夕×
10 ■ドバイ発⇒成田着/または関空着
深夜:ドバイ02:55発、夕刻:成田17:20
深夜:ドバイ03:05発、夕刻:関空17:05
日程表の見方
日程表はこちら
■料金表
出発日 日本語ガイド(2020年)
成田発着 エミレーツ航空
<毎日>発 月火水日 木金土
1/7-2/14 ¥338,000 ¥348,000
*2/15・16 ¥348,000 ¥358,000
2/17-3/31 ¥338,000 ¥348,000
4/01-16 ¥348,000 ¥358,000
4/17-30 ¥368,000 ¥378,000
5/01-02 ¥408,000 ¥418,000
5/03-7/22 ¥348,000 ¥358,000
7/23-30 ¥368,000 ¥378,000
7/31-8/06 ¥408,000 ¥418,000
8/07-11 ¥488,000 ¥498,000
8/12-20 ¥408,000 ¥418,000
8/21-27 ¥368,000 ¥378,000
8/28-9/17 ¥348,000 ¥358,000
9/18-20 ¥368,000 ¥378,000
9/21-10/31 ¥348,000 ¥358,000
     
一人参加追加代金 (1-3月) \128,000
一人参加追加代金 (4-10月) \138,000
一人部屋追加代金 \40,000
★燃油サーチャージ
(10/01現在)
\24,000
■料金表
出発日 日本語ガイド(2020年)
関空発着 エミレーツ航空
<毎日>発 月火水日 木金土
1/7-2/14 ¥358,000 ¥368,000
*2/15・16 ¥368,000 ¥378,000
2/17-3/31 ¥358,000 ¥368,000
4/01-16 ¥368,000 ¥378,000
4/17-30 ¥388,000 ¥398,000
5/01-02 ¥428,000 ¥438,000
5/03-7/22 ¥368,000 ¥378,000
7/23-30 ¥388,000 ¥398,000
7/31-8/06 ¥428,000 ¥438,000
8/07-11 ¥508,000 ¥518,000
8/12-20 ¥428,000 ¥438,000
8/21-27 ¥388,000 ¥398,000
8/28-9/17 ¥368,000 ¥378,000
9/18-20 ¥388,000 ¥398,000
9/21-10/31 ¥368,000 ¥378,000
     
一人参加追加代金 (1-3月) \128,000
一人参加追加代金 (4-10月) \138,000
一人部屋追加代金 \40,000
★燃油サーチャージ
(10/01現在)
\24,000
  • ビジネスクラス利用の料金はお問合せください。

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。(一人部屋追加代金は不要です)
  • 食事:朝食7回、昼食7回、夕食1回
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    ※エジプトのホテルはスーペリアクラスです
    <カイロ>
    バルセロ・カイロ・ピラミッズ、アラカン・ピラミッズ
    <ルクソ-ル>
    イータベイ・ルクソール、イベロテル
    <アブシンベル>
    セティ・アブシンベル

  • 本コースでは、エジプトは査証が必要です。詳細はお問合せください。
  • このコースは通常の募集型企画旅行契約とは別に「特約(特別約款)」がございますのでご注意下さい。
  • 万一のご旅行キャンセルに備え、取消料を補償する「旅行キャンセル保険」をお勧めします。
    くわしくはこちら→「旅行キャンセル保険」

■エジプト旅程における注意事項

  • エジプト滞在中の送迎および観光ガイドについて
    エジプト滞在中の観光はを日本語ガイドがご案内します。送迎は英語アシスタントが同行します。
  • 専用車利用について:日程上に専用車の記載があるところは、原則お客様だけのプライベートカーをご用意いたします。但し、繁忙期でガイドや車の手配がプライベート対応できない場合は、弊社取扱いの別のお客様と混乗していただく場合がございますので予めご了承ください。その場合の旅行代金の減額等はございません。
  • 王家の谷の観光について:王(ファラオ)のお墓は時間が許される限り、ツタンカーメン王墓、ラムセス6世の墓とは別に他3箇所を目標に訪問します(確約ではありません)。
    なお、ツタンカーメン王墓、ラムセス6世の墓等は、現地の諸事情により突然入場できなくなることもございます。その場合は他の王墓に振替えさせていただきますので予めご了承ください。
    ※注:ガイドはお墓の中へは同行いたしません。

■その他、注意事項

  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • 上記日程表内の乗り継ぎ地や発着時刻、移動区間における所要時間等はあくまで目安としてご覧ください。
    詳細につきましては各予約担当者よりご説明の上、最終日程表にてご案内いたしますので予めご了承ください。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    また、ご利用いただく区間によっては、お預け手荷物費用が無料ではなく有料(現地払い)となる場合がございます。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • 《注意事項》
    アブシンベル滞在が2/21および2/22にあたる場合は、ラムセスデイに該当します。減延泊してアブシンベルの宿泊日がラムセスデ-に該当する場合は追加代金が別途必要となりますのでご注意ください。
  • エミレーツ航空(EK)ご利用の場合>
    減延泊して日本到着が土曜または日曜の場合、\5,000の追加代金が別途かかります
  • 毎年恒例のホテル主催のクリスマスや新年を祝う「ガラディナー」が12/24(クリスマスイブ)と12/31(大晦日)にございます。この日に宿泊するすべてのお客様に特別なディナーが強制的にホテル側よりご用意されます。上記旅行代金には加算しておりませんが、別途ご案内いたしますので予めご了承ください。
  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。(2020年現在) ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る

PAGE TOP日程表料金表備考お申込