マダガスカルをはじめ、ペルー・ボリビア・ガラパゴス・
キューバ・ケニア・タンザニア・ヨルダン・スリランカ等
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うザ・ワールド

03-6380-1152
Previous
Next

■イースター島の見どころ

イースター島(Easter Island)- イスラ・デ・パスクア(Isla de Pascua)

イースター島地図ラノ・ララク南米大陸から3700km、タヒチから4000km離れた絶海の孤島。現地では現在「ラパヌイ」とも呼ばれ、「世界で一番遠い島」の異名を持つこの島には独自の文明が栄え、世界的に有名な石像建造物「モアイ」をはじめ、未だに解読されていない文字「ロンゴ・ロンゴ」、無数の岩絵を残した「鳥人儀式」等、他では見られない不思議で溢れています。18世紀にヨーロッパ人に「発見」されるまで、島の記録が存在しないため、ミステリアスで謎に包まれています。周囲が60km弱と、とても小さな島ですが、その中にモアイが約900体もあります。その半数近くの約400体が集まるラノ・ララク(Rano Raraku)には、モアイの切り出し場として、彫っている途中のものや完成して運び始めたもの等、今もそのままの状態で残されています。

アフトンガリキ アフ・トンガリキ(Ahu Tongariki)は、祭壇に立つモアイ(高さ6~8m)としては島内最大級で、倒壊した15体もの巨大なモアイ像を日本の建設会社(四国・高松のタダノ)が修復に携わったことでも有名です。またイースター島では自然の雄大さを味わうことができる場所もあります。鳥人儀式が行われていたオロンゴ(Orongo)からの眺望や、直径1500mもある巨大なラノ・カウ(Rano Kao)の火口、無数にある洞窟等、これらも外せない見所です。車では入って行けない部分は、馬を利用して現地人に案内して貰うこともできます。

アフトンガリキ島を囲む海は世界一澄んでいると言われ、ダイビング、サーフィンなどのマリンスポーツも盛んです。とくに海水浴を楽しむにはヤシの木が生える白い砂浜のアナケナ海岸(Playa de Anakena)がお勧めです。年間を通して島の海水温はそれほど上がらず、強い夏の日差しの下では心地良く感じます。 イースター島にはどうしてモアイがあるのか?その理由はまだはっきりとはわかっていません。最大の魅力は何と言っても神秘のヴェールに閉ざされたイースター島そのものではないでしょうか。


イースター島の歴史

アナケナ海岸イースター島の起源は、遠い昔に太平洋の中に沈んでしまったパシフィス大陸の一部であったという説、イースター島の文化はオセアニア・メラネシア諸島からきたという説、巨石建造物で有名な南米のティワナコ文明・インカ文明とのつながりからフンボルト潮流と貿易風により南米からきたという説など様々な説がありますが、これといった決め手となる証拠はなく、いまだ謎に包まれています。

1722年オランダ海軍提督のヤコブ・ロッヘフェーンが3隻の船でこの島に上陸し、その日がキリスト教の「復活祭」にあたっていたため、イースター島と名づけられました。

アフタハイ 1770年当時ペルーを治めていたスペイン副王が、この島に目をつけ英国やフランスに先駆けて自国の艦隊を送り、その指揮下におきました。スペイン人船長はドン・フェリペ・ゴンザレスで島を「サン・カルロス島」と命名。
その後、英国のキャプテン・クックが1774年に上陸。クックは日記に当時の様子をこのように記しています。「この島の住民の容姿、言語、生活習慣に関して、フィジー、タヒチなど西方の島民と共通性があり、同じ祖先を持つと思われる」。
重要なことは、52年前のロッヘフェーンが記録した島の様子では、モアイはまだ引き倒されていなかったという点です。クックが上陸したころにはすでにモアイ像は倒されており、外国人の来訪が島民の生活や宗教儀式に影響を及ぼしていたと想像できます。

ラノカオ 19世紀に入ると捕鯨船や真珠採取船などの欧米の船が多数上陸するようになりました。そして1862年に悲劇が起きます。ペルーで盛んに行われていたリン鉱石の採掘人夫の調達として、このイースター島の島民が奴隷狩りの対象となったのです。
その数1000人といわれ、各国から非難をうけ1年後に奴隷解放するも過酷な重労働で、すでに900人余りが死亡。残り100人は帰還する船の中で蔓延した天然痘に罹患して、大半が死亡しました。最終的にはわずか15人程度が生還したといわれています。奴隷として連れ去られ死亡した中には、もちろん王やその身内、神官なども含まれており、島の貴重な文字、ロンゴロンゴを読める人はその後いなくなったと言われています。

オロンゴ1865年タヒチから来たフランス人実業家が島の王族の娘と結婚し、島を自分の支配下に置いたが、のちに暗殺され、その後引き継いだフランス人実業家が島を解放しました。
1888年チリ(戦艦艦長ポリカルポ・トロ・ウルタド)がイースター島の領有宣言を行い、以降スペイン語の「イスラ・デ・パスクア」と呼ばれることになります。
2つの世界大戦後、1966年に島の自治が認められ、1967年以降観光地としての道を歩み始めることとなり、 1995年世界遺産に登録されました。


トップへ戻る

■イースター島の基本情報

■イースター島ってどんなところ?

チリから3,800km、タヒチから4,000kmに位置する南太平洋の孤島です。チリ本土との時差は+2時間。(日本とは-15時間)島の周囲は約58km、長さ約23km、幅約10km、総面積165k㎡の三角のような形をしています。車であれば1日で島内を回ることが可能。交通の手段としてはほかに、レンタルサイクルや馬などもあります。

■イースター島の気候は?

亜熱帯性気候で雨季と乾季がある。乾季の平均気温は26度だが、日中は30度を越える日も少なくない。雨季は5月~10月にかけて、平均気温は18度前後と暑さは和らぐものの、毎日のように雨が降る。 また、年間を通して風や日差しが強い。

■チリの通貨は?

通貨はチリ・ペソ。日本円の両替ができるところは少ないので、日本からは米ドルの現金またはT/Cを持って行き、現地通貨に両替をして使用するか、米ドルのまま使える場所が多いので米ドルのまま使用します。お釣りは大体チリ・ペソで返ってきます。

トップへ戻る

チリ共和国
Republica de Chile

チリの国旗
政体:立憲共和制
言語:スペイン語
住民:スペイン系75%、その他の欧州系20%、先住民系5%
宗教:カトリック(全人口の88%)
面積:756,000平方キロメートル
人口:1,645万人
通貨:ペソ(Peso)
イースター島ツアー